小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

12歳の文学賞3回連続受賞!鈴木るりかさんが14歳の誕生日に『さよなら、田中さん』でデビュー

2017年秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。その名は、鈴木るりかさん。2003(平成15)年生まれの中学2年生です。

小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続、大賞を受賞した逸材です。

■あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏が絶賛! 

12歳の文学賞」大賞受賞の際、あさのあつこ氏「鳥肌が立つような才能」、石田衣良氏「是非書き続けてもらいたい」、西原理恵子氏「本当にお見事」と、人気作家の方々から大絶賛を受けました。

この度、受賞作品を改稿した2編に、書き下ろし3編を加えて、連作短編集『さよなら、田中さん』でデビューすることになりました! 文学界のダイヤモンドの原石とさえ言われています。

本書を発売する2017年10月17日に、14歳の誕生日を迎える鈴木るりかさん。

12歳の文学賞」先輩受賞者の力作は大注目ですね!

■連作短編の1編を全てサイトで読めます!

小説の主人公・田中花実は小学6年生です。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしています。

この、花実とお母さんを中心とした日常の大事件を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききった作品です。

連作短編のうちの1編、「さよなら、田中さん」の全文をサイトで読むことができます! 特設サイトをぜひご覧ください。

鈴木るりか・著 『さよなら、田中さん』
小学館
2017年10月17日発売
定価:本体1,200円+税 四六判 
258ページ 
ISBN978-4-09-386484-8

 

表題作「さよなら、田中さん」を含む5編からなる連作短編集のもくじ:

・いつかどこかで     大賞受賞作(小6時)を大幅改稿

・花も実もある               書き下ろし

・Dランドは遠い     大賞受賞作(小4時)を大幅改稿

・銀杏拾い            書き下ろし

・さよなら、田中さん 書き下ろし

 

著者プロフィール 鈴木るりか:
2003年10月17日東京都生まれ。都内の私立女子中学校2年在学中。
小学4年、5年、6年生の時(2013~15年)、史上初3年連続で『12歳の文学賞』大賞を受賞。
小説を書くようになったきっかけは、『12歳の文学賞』の賞品の図書カードで「ちゃお」を一生分買いたかったから。
好きな科目:国語 嫌いな科目:数学
将来の夢:小説だけでなく、シナリオや漫画にも挑戦したい。