シナリオ/ 祓川学
まんが/ てしろぎたかし

第8話 日本が震えた日

第8話 日本が震えた日

2019年5月1日、平成が令和にかわり、平成の天皇陛下は退位して上皇となられました。

でも、あらためて考えてみると、上皇陛下って、どんな方なのでしょう? ふだんは何をされているの? 小学生の時はどんな子どもだったの? 
というか、そもそも小学校には通われていたの?

…など、陛下について知らないこと、実はとても多いのです。

 

そこで、昭和8年の誕生から現在まで、85年間の上皇陛下の人生が、そして皇太子・天皇として、どんな仕事をしてきたかがよくわかる学習まんがが、「読売KODOMO新聞」で始まりました!

無料のおためしサービス 実施中!

小学館キッズパーク」では特別に、物語の第1話と最新話を読むことができます。

シナリオ/祓川学 まんが/てしろぎたかし
監修/小田部雄次(静岡福祉大学名誉教授)
監修協力/小松夏樹(読売新聞社編集委員)
まんが制作/小学館 (小学館は、読売KODOMO新聞に編集協力しています)
読売KODOMO新聞で2019年1月3日号から不定期連載中

第8話 日本が震えた日

 

令和時代がついに始まりました。
その字の通り、うるわしく調和のとれた世の中であることを、心より願います。

さて、振り返って「平成の30年間」。日本は幸いにも戦争のない平和な時代でしたが、一方で、大きな自然災害に繰り返し襲われた時代でもありました。

記憶に残るいくつもの巨大災害のなかでも、最悪の被害となったのが2011年の「東日本大震災」です。
巨大地震、大津波、そして原発事故。

あの数日間、日本全体が不安と恐怖のなかにあったといってもいでしょう。

その時、上皇陛下はどうされたのか。どう動かれたのか? 今、まんがで振り返ります。

震災に思いの深い方はもちろん、震災の記憶はないという人も、ぜひお読みください。日本の危機のとき、「日本の象徴」は、動きます!

(「第1話 皇太子殿下 誕生」も公開中です)

第1話 皇太子殿下 誕生
2019年5月1日、平成が令和にかわり、平成の天皇陛下は退位して上皇となられました。 でも、あらためて考えてみると、上皇陛下って、どんな方...

クリックすると次のページ

人気ランキング