つぶやきながら、
漢字を空に指書き
一度覚えたら、
一生わすれない!
漢字の覚え方・書き方

つぶがきのセリフをつぶやきながら、指で漢字のお手本をなぞったり、空に書いたりするよ。

正しくつぶがきすれば、正しい書き順で漢字が書けるようになるよ。
はねやとめ、はらいもしっかり身につくんだ。

漢字の「」を
<つぶがき>
しよう

さあ、つぶがきのスタートじゃ。
声に出して、書いていくよ。
「たてぼう」の最後は、しっかりとめるぞ。
「ノ」は、ななめにはらうんだね。
しっかりとめてから、右にはらうのじゃ。きれいな漢字が書けたじゃろ。
Card image cap

つぶやき漢字学習を
考えた人

久保 斎(くぼいつき)先生

学力研(学力の基礎を鍛えどの子も伸ばす研究会)理事。
先生のための学校・校長。
つぶやき漢字研究会・主宰。
教育カウンセラー。
元・京都市立小学校教諭。

 漢字は書き順に従って、意味のあるパーツに分解して、声に出しながら覚えるのがいちばんです。 これは昔からある覚え方であり、しかも脳科学にマッチした考え方でもあります。学校でこれを教えれば、「漢字の『漢』はどんな字?」と問い、「さんずいかいて、くさかんむりかいて、口かいて、二かいて、人をかく」と子どもが明るく答える、温かい授業を行えるのです。休み時間には、友達同士でゲームのように漢字をつぶやき合う様子も見られます。

 そんな楽しい漢字学習になることを願って、この「つぶやき漢字学習法」を考え、授業を行ってきました。学校ばかりでなく家庭においても、親子や兄弟姉妹で楽しく取り組むことができます。つぶやき漢字学習で、一人で頑張る孤独な勉強から、家族ぐるみ、クラスぐるみで取り組む楽しい勉強に変えていきましょう。

つぶやき漢字学習をやってみた人の感想・ご意見

子どもがとても楽しそうに取り組んでいます

小学校教諭

目新しさもあったのでしょう。学習しているときの雰囲気が全然違って、とても楽しそうだったのが印象的でした。

テストの平均点が大幅アップしました!

小学校教諭

クラスで10分間、「つぶやき漢字学習法」を行って漢字テストを実施したところ、その前のテストに比べて平均点が14 点上がりました。

声に出すとおぼえやすい

小学3年生男子

ぼくは、つぶがきのほうがしやすかったです。 なぜかと言うと、声に出して言ったほうがおぼえやすいからです。そして、友だちからあーしたらいいとか教えてもらったので、やってみたらよい点数がとれてうれしかったです。

目をつぶって指書きしている、すごい友だち

小学3年生女子

指書きをしているとき、友だちが目をつぶって、つぶやいてやっていたからすごいと思いました。私はふつうのおぼえ方より、つぶがきのほうがやりやすかったです。

「つぶやき漢字ドリル」2019年春に発売されます

小学校で学習する全漢字のつぶやき方が、学年ごとに1冊にまとめられた、解説つきの漢字学習ドリルが発売されます。
新学習指導要領に対応しているので、新しく加わった漢字のつぶがきも覚えられます。
発行 小学館
発売時期 小学1年生~小学3年生 2019年3月
     小学4年生~小学6年生 2019年4月

©2019 Itsuki Kubo / Tsubuyaki Kanji Kenkyukai / Shogakukan.Inc All rights reserved