小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

マクドナルドでお仕事体験! 自分だけのオリジナルバーガーを作ろう

マックアドベンチャー」をご存知ですか? マクドナルドでお仕事体験することができる子ども向けプログラムが発動!「幼稚園生から参加できるということで、今回は5歳の子どもたちと参加してきました!どんなことが体験できるのか、ご紹介します。

マックアドベンチャーってなにをするの?

マックアドベンチャーとは、マクドナルドのお店の中に実際に入って子どもがお仕事体験をしながら、自分が食べているものについて楽しく学べるドキドキワクワクプログラムです。
店舗によって内容が異なりますが、今回は世界にひとつだけのオリジナルバーガーを作りました!

世界にひとつだけのMYバーガーを作ることができる! 

はじめに、ハンバーガーの具材を選んでレシピを作るところからです。バンズ、パティ、ソース、具材選びに真剣です。
「パンはゴマがついているのがいい!野菜はいれない!」みんなちがうから、できあがりが楽しみ!

レシピを決めたら、お店の人と同じユニフォームに着替えます。本格的な衣装に身が引き締まって、みんな気合い十分! ママたちはカメラが手放せません。

元気な挨拶、「おはようございます!」でいよいよお店の中に入っていきます。しっかり手洗いをして、ここからは普段入ることができないキッチンへ参入します!

見たことのない大きな機械や道具について教えてもらったり、ポテトの作り方を見せてもらったりして、自分たちがいつも食べている物が作られる仕組みを学びます。
子どもたちしか中に入ることができないので、ママはカウンターの前からのぞき見。真剣に楽しんでいる様子が確認できてひと安心。

実際にお店の中で、自分で作ったハンバーガーを入れた袋の中にポテトを入れて、いつもお店の人がやってくれているようにセットしていきます!

セットが終わったら、席まで運んで今度は食事タイム!
中でどんなことをして、なにが楽しかった?と聞いてみると…
「冷凍庫が寒かったー!ハンバーガー作ったのが楽しかった!」と中の様子を見ることはできなかったけれど、とっても楽しかったようです。

ジャーン!「とくべつハンバーガーだよ!」自分で作ったハンバーガーは、とっても美味しかったようでペロリとあっという間に食べ終わりました。

女の子たちは食後のデザート!こちらの店舗では,マックアドベンチャーとは別にソフトクリーム作り体験もやっていました。数に限りはあるものの、予約なしで当日できるのは嬉しいですね。

そして作るだけではなく、レジ体験をすることもできました。
ママがお客さんだとはいえ、玩具とはちがう本物のレジに緊張しながら「いらっしゃいませ〜」と貴重な体験。

ますますキッズフレンドリー☆ マクドナルドで社会経験をしよう!

子ども向けに用意された施設ではなく、実際のお店でのお仕事体験はとても貴重な経験となりました。
それに、子どもたちを中に入れたりカウンターから撮影をさせてくれたり、キッチンをこんなにオープンにしてもらえるのは、安心・信頼につながりますね。

「お子さんたちはしっかりとお仕事をしてくれて、ママの見えない所で成長しているんですよ。そんな瞬間に立ち会うことができて、私も嬉しいです。」と担当してくださったスタッフの杉山さん。
「お休みの日に、遊園地に行く感覚と同じような気持ちでマクドナルドに遊びに行こう!と思ってもらえるような、お店にしたい。」と高橋店長。
子どもの頃マクドナルドに連れて行ってもらえる時の、ワクワクした気持ちを思い出しました。

なかなかできない貴重な体験!ぜひみなさんもお近くでマックアドベンチャーを実施しているお店を探して、体験してみてください。

マックアドベンチャー詳細サイト→こちら

  • 内容は店舗により異なります。
  • 体調をくずしている場合はご参加いただけません。
  • インフルエンザ流行などの理由で中止させていただく場合がございます。
  • 一部の店舗でのみ実施しているサービスです。

取材・文/やまさきけいこ