小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

工場見学へ行ってみよう!本物みたいな“食品サンプル”はどうやって作られる?

工場見学!まるで本物みたいな「食品サンプル」ってどうやって作られているの?

レストランや喫茶店の店頭を飾る食品サンプル。実は、日本発祥で世界にも類を見ない独自の文化だということをご存知でしたか? それがどんな形で作られているのか、食品サンプルのリーディングカンパニー・株式会社岩崎の「Be-I Factory 横浜」に取材してきました。

まるで本物みたいな食べ物の数々にびっくり!

工場に入ってまず驚いたのは、ずらっと並んだ美しいサンプルの数々。焼きそば、オムライス、ハンバーグ、パンケーキ、フルーツパフェ、メロンソーダなどなど、どれも製造過程ですでに本物と見まごうばかり! 昼食を食べ損ねていた食いしんぼうライターには、たまらない光景です。

秘訣は本物の食材で型を取っていること

「なぜこれほど本物そっくりに形作れるかというと、本物の食材で型をとっているからです。すしでも、シュウマイでも、焼肉でも、まず、すべてシリコンで型どりをします」と、工場長の寺島貞喜さん。なるほど、ゴム臭に混じって、色々な食べ物のにおいがただよっていたのは、そのせいだったのですね。

食品サンプルのハンバーグはこうやって作られる!

ハンバーグを例にあげると、まず、本物のハンバーグの汁気をふき取り、シリコンを流しいれて型をとります。出来上がった型に肉の色をした液体を入れ、加熱して固めます。これで、ハンバーグの元が完成。ここから職人の技を駆使して、エアーブラシなどで焼き色を吹き付けていきます。


 工程を踏むごとに、リアルな姿に変身していくハンバーグのサンプル。お皿に盛って、付け合せの野菜をそえてソースをかければ、うっとりするほどの一皿が完成です!

 

絶対本物って思ってしまうこの完成度!!!

「じつは、子どものころ漫画家になりたかったんです」と語る寺島さん。聞けば、美術の心得のあるスタッフが多いのだそうです。その証拠に、社内で開催されているコンテストでは、これぞアートというべき作品も多数出品されています。


 芸術の粋にまで達した日本の食品サンプル。これからますます、注目を集めること間違いなしですね。

取材協力:イワサキ・ビーアイ

<<特別付録>>

職人さんたちのアート魂が爆発した、社内コンテスト作品の数々。

梅干し&白ご飯

普段よく見る食材ばかりのシンプルな構成ですから、作り物だとバレやすいはず
ですが・・・このリアリティ!!

食べ終わったあとの焼きサンマ!

キレイに平らげられた焼きサンマ。これもまた、食品サンプルのテーマである
「美味しそう」な表現のカタチですね!

フルーツバスケット

マンゴーの細かな模様はもちろん、イチゴの小さなツブツブまで完ぺきに再現。制作には、途方もない手間がかかっていることを伺わせます。

ポテトチップスでできたティラノサウルス!?

編集部で大ウケだった、ポテチのティラノザウルス。もはや現代アートの世界で
す!
天才たちの超絶技巧の、ほんの一部をご紹介しました。まだまだ息を飲むような
作品が数多くありますので、またの機会に紹介した
いと思います。

この記事の出典は

 

再構成/HugKum編集部

今回の記事は小学館発行の幼児誌・幼稚園2017年5月号の「びっくり! 食品サンプル」を大人向けにリライトしたものです。「幼稚園」では、毎月面白くてためになるルポ記事を紹介しています。今後もお楽しみに!

月刊誌「幼稚園」は毎月1日ごろ小学館より発売です。