「しつけ」とは、親に従えるようにすることでしょうか?保育者歴46年の柴田愛子先生の思い

「何歳からしつけをすればいいの?」「きちんと挨拶ができる子、ルールが守れる子に育ってほしい」など、親が子どもに対して願うことはたくさんあります。でも、子どもに言うことを聞かせることは本当に正しいのでしょうか?正しい「しつけ」とは何なのでしょう?今回は、保育者として46年も子どもの姿に寄り添い、子どもたちの集まる場「りんごの木」を主宰する柴田愛子先生の著書『あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます』より、先生なりの「しつけ」への思いを語っていただきました。

わが家なりの「しつけ」の意識を持って

「しつけ」という言葉におびやかされていませんか?

乳幼児の親から「しつけ」について意見を求められることが、よくあります。小学校高学年になると、このことについては、ほとんど聞かれませんから、「しつけ」は小さいうちが肝心と思っているということでしょうか。「しつけ」という漠然とした言葉におびやかされている親は少なくありません。

「しつけ」とは親として願っている子どもの姿

「しつけもしなくちゃいけないし、のびのび育ってもほしいし……」と言う言葉もよく耳にします。「しつけ」と「のびのび」は反対にあることなのでしょうか。

お母さんたちに聞いた「しつけ」とは?

「しつけという言葉から何を思い浮かべますか?」と、おかあさん方に質問したことがあります。
いちばん多かったのが、挨拶でした。「おはよう」「ありがとう」などです。
次は、生活習慣。朝起きたら着替える、歯を磨く、自分のことは自分で、といったことです。
3番目によく聞かれたのは、人間関係のルール。「かして」「ごめんなさい」などです。
「しつけ」とひとことで言っても、思い浮かべるイメージはいろいろです。
「公園の水道で水遊びをしている子を見たら、どう思いますか?」という質問に対して、「みんなのものだから、子どもも使ってもいい」「わんぱくでうらやましいわ」と言う人がいるかたわら、「公共のものだからいけない」「しつけができていない」という人がいます。

口やかましく言ったって、できることはほんのわずか。それより…

「しつけ」は、よく聞いてみると、それぞれに内容が違います。それは「親として願っている子どもの姿」と言い換えることができるのではないでしょうか。
ところが、親は願いが多い! 洋服の着方、食べ方、挨拶の仕方、なんでもかんでも口やかましく言います。「一生懸命言い続けると、できるようになる」ことは、ほんのわずかです。言い続けてもできないことなら、とりあえず、今はできない(幼い子には、体が未発達でできない場合もよくあります)と、あきらめることのほうが肝要かと、私は思っています。だって、すごいエネルギーを使うことですもの。

親の言うことを聞いて育った子どもは、幸せになれるのかしら?

さて、親の願いを必死に受け止めて育つと、立派な人になるのでしょうか。
あるとき、10人くらいのおかあさんの集まりに伺ったときです。たまたまでしょうか、その方々は、ご自分はしつけの厳しい親に育てられたとおっしゃいました。「かして」と言っても「だめ」と言われたらあきらめる、という育てられ方をしてきたそうです。
子どもの気持ちのいろいろな例を話しても、どうもみなさんに浸透していきません。しかたなく、おかあさん自身の話をしてもらいました。すると……。
「私、今まで、自分の気持ちを親に見せたことなんて、ない」
「私は、親がけんかはよくないというからしなかったのに、うちの子は兄弟げんかをよくして、親の私がやめなさいと言ってもやめないから、腹が立って、叩いてしまう」
「親の言うとおりの学校に行き、就職をし、結婚もしました。今、どんなときに子どもを叱っていいのかわからないんです。同居している親が叱れというとそうかと思って叱ります。私の心が動かなくなってしまったのです」と、それぞれ涙ながらに話してくれました。その場の、しつけが厳しい家庭で育ったおかあさんたちは、自分自身の気持ちをストレートに出せなくなってしまったように思えました。

しつけが厳しい環境で育った親は、ありのままの自分を出せない?

この人たちの子育てはつらいだろうな、と思いました。自分と同じようにいい子であってほしいという思いと、ありのままに自分を出せなかったつらさの中にあるのですから。
しつけとは、親の言うとおりに従えるようにすることでしょうか。自分をなくすことでしょうか。
同じように、「私の家は、とてもしつけが厳しかったんですよ」と、言っていた知人を思い出しました。とても魅力的な人で、生きることや命の話をしみじみとなさるのです。その方はこんな話をしました。

「しつけ」とは「親の背中を見て育つ」というようなことかもしれませんね

子どものころ、ご飯を食べるときに両手をあわせて「いただきます」をするのですが、おじいさんは、ひじがあがっていると、ひじを強くたたき怒った。〝いただきます〟ということは、命を〝いただきます〟と言うことだ。植物や動物、魚の命をいただいて、私たちの命がある。命をいただくのに、その〝いただきます〟はなんだ!と、叩かれたそうです。
この話に感心しました。おじいさんは自分が生きていくうえで、大事に思っていることを、日常の中で伝えているということです。
頭で考えたあるべき姿を願って口うるさく言うのが「しつけ」ではないし、いい人らしいふるまいを自動的にできるようにすることでもない。それより大切なことは、自分が育ってくるなかで身についた礼儀作法を、わが子に伝えていくことではないでしょうか。「親の背中を見て育つ」というようなことかもしれません。

子どもが小さいときは、親のしつけは絶対です。できるかできないかは別問題として、それが正しいと思っています。ですから、あえて、どうしてもしつけたいことは、数少なく、意識的に、していったらどうでしょう。
あなたが育った家のように、そのうちきっと、わが家なりの礼儀作法ができていくのではないでしょうか。

大切なのは、自分が育ってきたなかで
身についた礼儀作法を
わが子に伝えていくこと

 

 

柴田愛子
1948年、東京生まれ。私立幼稚園に5年勤務したが多様な教育方法に混乱して退職。OLを体験してみたが、子どもの魅力がすてられず再度別の私立幼稚園に5年勤務。1982年、「子どもの心により添う」を基本姿勢とした「りんごの木」を発足。子どもたちが生み出すさまざまなドラマをおとなに伝えながら、‘子どもとおとなの気持ちのいい関係づくり’をめざしている。保育、講演、執筆、絵本作りと様々な子どもの分野で活動中。『それって、保育の常識ですか?』(鈴木出版)、『親と子のいい関係』(りんごの木出版)、絵本『けんかのきもち』(ポプラ社・第7回日本絵本大賞受賞)など著書多数。
りんごの木HP http://ringono-ki.org/index.html

 

もっと柴田愛子先生のことばを読みたい人はこちら

子育てに悩んでいるあなたへ あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます
著/柴田愛子(小学館) 
本体1,200円+税

こうなって欲しい、こうあるべき、に縛られている苦しい子育てをしていませんか?
「どう育ってほしいか」の前に「目の前の子どもがどう育っているか」を見てほしい。子どもはちゃんと自分で育つ力を持っていることを確信できるはず。それは、お母さんが本来の自分を取り戻すことにつながっていくから。
保育者として、46年以上子どもたちと関わってきた柴田愛子さんが語る「子どもの心に寄り添うと、子どもの気持ちが見えてくる」を信条にした子育て論は、きっとお母さんの心を元気にします。

写真/繁延あづさ 再構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事