建物を触って名所観光を楽しむ。ふれる博物館で「ルイ・ブライユの生家と指で巡る東京名所観光」開催中

現在、「日本点字図書館附属 池田輝子記念 ふれる博物館」で、企画展「ルイ・ブライユの生家と指で巡る東京名所観光」が開かれています。

視覚障害者に、本を読む喜びだけでなく「ふれて知る愉しみ」も届けたいと、昨年4月、東京都新宿区高田馬場にオープンした「ふれる図書館」。

ここでは、作品は机の上に置かれ、来館者は椅子に座り、作品に触れて鑑賞します。視覚障害者もそうでない人も、同じ展示作品を同じ方法で鑑賞することで、コミュニケーションが生まれることも期待されています。

■「建築」がテーマの企画展で、ルイ・ブライユの生家に触れる

今回の企画展のテーマは「建築」。点字発案者、ルイ・ブライユの生家と、日本点字図書館、そして都内の観光名所にあるさまざまな建物の模型が展示されています。

ルイ・ブライユの生家はフランス・パリ郊外のクーブレ村にあり、現在は記念館になっています。ブライユは、3歳のとき事故で失明し、10歳で盲学校に入るまでをこの家で過ごしました。その後、研究を重ねて、なんと16歳で6点点字を発明します。

学習まんが人物館 ルイ・ブライユ』では、ブライユの生涯について、漫画で読むことができます。

■東京の名所に触れて巡るツアー、はとバスのガイドさんが案内役

国内の建物は、まず、日本点字図書館本館の模型。そして、東京駅丸ノ内本屋、国会議事堂、東京タワー、東京スカイツリー、明治神宮野球場、雷門など、東京の代表的な建築物10点の模型を指で触りながら巡ります。

音声ガイドは、はとバスのガイドさんが担当。説明を聞きながら、建物に触れ、バス旅行をしている気分で東京観光ができます。

目の不自由な方もそうでないみなさんも「ルイ・ブライユの生家と指で巡る東京名所観光」で、「作品に触れて楽しむ」という新しい体験を楽しんでみてはいかがでしょう?

 

ルイ・ブライユの生家と指で巡る東京名所観光」は、2019年5月25日(土曜日)までの予定で現在開催中。「ふれる図書館」の開館日は、祝日をのぞいて、毎週水曜日・金曜日・土曜日です。

 

「ルイ・ブライユの生家と指で巡る東京名所観光」

開催場所:
日本点字図書館附属 池田輝子記念 ふれる博物館

開催期間:
2019年1月25日(金曜日)〜 2019年5月25日(土曜日)まで

開館時間:
10時から16時(入館は15時半までにお願いします)

開館日:
毎週水曜日・金曜日・土曜日
(年末年始・祝日休館 臨時休館あり)

所在地:
東京都新宿区高田馬場2丁目3-14 アイ・ブライト2階
(トヨタレンタカー隣 1階は美容室 路上に誘導ブロックあり)

共催: 手と目でみる教材ライブラリー
協賛: 株式会社はとバス
模型製作助成:公益財団法人石橋財団

 

小学館版 学習まんが人物館   ルイ・ブライユ

まんが/新井隆広 ストーリー協力/広瀬浩二郎 監修/大内 進

2016年8月25日発売・小学館刊

『ルイ・ブライユ』のためし読み