「水」「ナマズ」「絵本」…皇室には意外な専門家がいっぱい!「平成の天皇−上皇明仁物語−」【第9話の公開は終了しました】

平成の天皇陛下を描く、初めての学習まんが平成の天皇 —上皇明仁物語読売KODOMO新聞で連載中)が、WEBで限定無料公開中です!

 

公開中の最新第9話のテーマは、「皇室の今日と明日」。

天皇陛下、上皇陛下とその家族である「皇室」の方々を紹介します。

天皇は、憲法の規定によって「政治」にかかわることがありません。天皇の家族である皇族も同じで、政治的な活動をすることはありません。しかし、科学や文化、芸術に詳しい人、研究を続ける人は多いのです。

上皇陛下(平成の天皇)は、「魚」の研究が有名です。まんがでは、イギリスで陛下がおこなった講演のようすが紹介されています。

また専門的な魚類図鑑に、ハゼ類について解説を書かれたこともあります。

小学館の図鑑Z 日本魚類館

 

美智子上皇后は、絵本や児童文学に詳しく。何冊も本を書いていらっしゃいます。

創作絵本や、児童文学にまつわるエッセイなど、さまざまです。

 

天皇陛下は、大学時代に歴史を専攻されていました。なかでも「水運」が主要な研究テーマで、その後も「水」問題全般を深く学ばれています。

その他にも、皇族にはさまざまな専門知識を持つ方々がいます。

ナマズに詳しい秋篠宮さま、外交官の経験を持つ皇后さま、鳥類研究所に勤められた黒田清子さん…

 

「皇室の伝統を見ると、『武』ではなく、常に学問でした。

学問を愛する皇室、という伝統は守り続けたいと思います。」

 

これは、皇太子時代の上皇陛下のことばです。

皇室の方々の活躍を見ると、ほんとうにその通りだ、と改めて感じますね。

 

★ここでクイズ!

まんがの最後のコマ、これは、平成21年(2009年)12年19日、横浜市「こどもの国」でのできごとです。

上皇・上皇后陛下のお子さん、お孫さんが勢揃いした大変貴重な光景ですが、ひとりだけご欠席の方がいます。さて、どなたでしょう?

 

こどもの国のミニSLに乗られているのは、右から上皇后陛下、上皇陛下、皇后陛下、天皇陛下、秋篠宮さま、眞子さま、佳子さま、紀子さま、悠仁さま、黒田清子さん、黒田慶樹さん。

ここにいらっしゃらないのは愛子さまでした。この日、残念ながら風邪気味で参加されなかったのです。

こどもの国は、上皇、上皇后両陛下のご成婚記念で作られた公園。この年、両陛下の結婚50周年を記念して、みなさんが勢揃いすることになりました。

皇居外での催しに、皇族がこんなに大勢で参加されるのは大変めずらしく、とても貴重な光景です。

 

さて、学習まんが「平成の天皇 —上皇明仁物語」は、5月30日発売号の「読売KODOMO新聞」掲載分が最終回です。お楽しみに!

 

そして、まんが「平成の天皇」は、6月28日に「学習まんがスペシャル 平成の天皇」として発売されます。新聞連載から大幅にページが増えて、読みごたえたっぷりです。

売り切れが予想されますので、本屋さんでご予約ください!

学習まんがスペシャル 平成の天皇

まんが/てしろぎたかし シナリオ/祓川 学 監/小田部雄次

2019年6月28日発売・小学館刊

定価 950円+税

 

「平成の天皇 ー上皇明仁物語ー」 
シナリオ/祓川学 まんが/てしろぎたかし 
読売KODOMO新聞で好評連載中!

(C)てしろぎたかし・祓川学/小学館

 

【関連記事】

西原理恵子さん『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』漫画を描いた松島直子さんの思い
現在「小学館キッズパーク」で連載中の漫画、『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』。西原理恵子さんの大人気エッセーをベース...
『すみれファンファーレ』2年ぶりの新作に登場する本は、実在する小説だった
現在、小学館キッズパークで公開中の「『すみれファンファーレ』 番外編 ~すみれちゃんと本屋さん」(作・松島直子)。2年ぶりの新作、ということ...
西原理恵子のベストセラー『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』初の漫画化!
西原理恵子さんの大人気エッセー『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(KADOKAWA・刊)が、漫画になって「小学館キッズパ...