小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

子どもユーチューバー「がっちゃん」にインタビュー! 笑顔の陰でパパの苦悩も?

「みんなー、元気ぃー?」とニコニコの笑顔で語りかけてくれる“子どもユーチューバー”のがっちゃんを知っていますか?

2013年、3歳のときに「がっちゃんねる」でYouTubeにデビュー。

以来、プラレールやトミカ、知育菓子、さらにレジャー施設の体験動画なども配信し、総再生回数はなんと7億回以上、チャンネル登録者数は43万人に迫る勢い(※)で、子どもたちから絶大な人気を集めています。

小学館の学習雑誌『小学一年生』の2017年夏休み特別企画「ユーチューバー 一年生」では、こども編集長も務めました。

https://sho.jp/sho1/yt1

今回は現在小学2年生のがっちゃんに『小学一年生』編集部がインタビューしました。動画では知ることのできない本音や素顔に迫りました。時折、顔を出すがっちゃんのパパの発言にも、要注目です。

好きなユーチューバーはあの有名人!

動画配信のきっかけは、YouTubeを観ていたがっちゃんが「僕も出たい」と言ったこと。

初登場から4年以上がたったいまでは、540万人ものチャンネル登録者数(※)をもつカリスマ的ユーチューバー・はじめしゃちょーさんのファンなのだそうです。

軽快なトークや個性あふれる動画に、魅力を感じているのかもしれませんね。

また、「ライバルだと思っているユーチューバーは?」という質問には「いません」と断言。自分自身が動画配信を楽しめていることが何よりうれしいのでしょう。

ちなみに好きなYouTube動画は「ゲーム実況」なのだそう。「ゲーム実況」とは、はじめしゃちょーさんやヒカキンさんなどのユーチューバーがゲームをしながら実況もする動画。親御さん世代にはなかった、今どきの子どもならではの好みですよね。

将来の夢はユーチューバーじゃない!?

小学2年生のがっちゃんは、学校の友達からも “動画、楽しいよ!”“がっちゃんねるに出たい”などと声をかけられるのだそうです。

そこで「将来の夢」を聞いてみると意外や意外、「電車の車掌さん」と答えてくれました。

子どもユーチューバーとして名を馳せたのだから、その道を極めるのか? と思いきや、とても子どもらしい夢をもっていました。

また、「憧れている人はいますか?」の問いにも有名人や芸能人でなく「バック転のできる人」と答え、「いま練習中」とも教えてくれましたよ。

動画同様、インタビューでも自然体のごく普通の小学生。それが、がっちゃんの人気の秘密かもしれません。

動画制作は親子の共同作業

がっちゃんはいままで500本以上もの動画を配信してきました。なかでも特に「スパリゾートハワイアンズ」の動画が好きで、「また行きたい!」のだそうです。

スパリゾートハワイアンズの動画では、がっちゃんが無邪気にプール遊びや施設内のイベントを満喫していますよ。

そしてがっちゃんのパパも「外で遊んでいる動画」がお気に入りなのだそうです。

実は「がっちゃんねる」を語るとき、パパの存在は欠かせません。というのもすべての動画は、ウェブや動画制作の仕事に携わるパパが撮影・編集したものなのです。

カメラマンがパパだからこそ、がっちゃんもリラックスして撮影に臨めるにちがいありません。

※は2017年9月現在の数字です。

>> 次ページ: 楽しい動画作りの裏にかくされた苦労とは?