小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

正しい知識とホームケアが大切! インフルエンザ&冬の病気

寒くなってくるこれからの季節は、お子さんの体調管理に気をつかいますよね。予防のために大切なことやホームケアのポイントについて、小児科の先生に伺いました。もしものときのために、正しい知識を身につけておきましょう!

病気に打ち勝つ免疫力をつけましょう

さまざまな感染症のうち、薬で病気そのものを治せるのはごく一部に限られ、多くの場合は薬でつらい症状をやわらげながら体の回復を待つことになります。そのため、ウイルスや細菌に負けないよう、日頃から体の免疫力を高めておくことが大切です。寒いからといって部屋の中でばかり過ごしていると、食欲がなくなったり睡眠のリズムが崩れたりして免疫力が下がりやすくなるため、元気なときはしっかり外遊びをして日中に体を動かしましょう。

 

大人がウイルスを持ち込まない配慮を

免疫力を高めるとともに、ウイルスや細菌に感染するリスクを減らすことも重要です。子どもと人ごみに長時間出かけることはなるべく避け、外出する機会が多い大人が家の中にウイルスや細菌を持ち込むことがないよう、おうちの方も手洗い・うがいの徹底を。年末年始はイベントも多いですが、おうちの方の予定に合わせて連日のように出かけるのではなく、子どもがいつも通りのペースで食事・外遊び・お昼寝などができるように配慮できるといいですね。

感染症予防のために心がけたいこと

十分な栄養と睡眠

日頃から栄養バランスのとれた食事を心がけ、夜ふかしはせずに十分な睡眠時間を確保できるようにしましょう。よく食べてよく眠ることで免疫力を高め、ウイルスや細菌に負けない体づくりをしておくことが大切です。

生活リズムを整える

旅行や帰省など、年末年始は外出の機会も増えますが、早寝早起きといった基本的な生活リズムはなるべく崩さないように心がけて。寒くても日中に外遊びやお散歩で体を動かす時間をつくると、夜は眠りにつきやすくなります。

手洗い・うがい

手洗いはおうちの方が手を添えて、指の間まで石けんでよく洗い、水でしっかり流します。うがいはまだ難しければ無理にさせる必要はありませんが、口に水を含んで「くちゅくちゅぺっ」とする練習から始めましょう。

寒すぎず暑すぎない室内環境と衣服

子どもは大人よりも平熱が高いので、動きにくくなるほどの厚着をさせる必要はありません。就寝時も汗をかかない程度の薄着を心がけて。暖房を使うときはこまめに換気し、必要に応じて洗濯物を室内に干すなど適度な加湿を。

人ごみをなるべく避ける

初詣などで人ごみに出かけると病気に感染するリスクも高くなります。マスクは咳などによる飛沫感染をある程度は防ぐことができますが、幼い子どもが長時間着用するのは難しいので、必要のない外出はできるだけ避けましょう。