小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

将棋脳を育もう︕家族みんなでカンタン楽しい「どうぶつしょうぎ」

藤井聡太四段の大活躍で、大注目の将棋。凄まじく優秀な頭脳を持つだけでな
く、個性も豊かなプロ棋士のみなさんのメディアへの露出が増えるに従って、親
しみを持つ方も多くなってきたのではないかと思います。子供のうちから将棋に
親しめば、賢い子に育っていくことも大いに期待できそうですよね。

しかし、将棋の仕組みはとても難解。独特な動きをする多種多様なコマの使い方
を完ぺきに覚え、勝負の駆け引きまで理解しようとすると、膨大な時間がかかり
ますから、子供に将棋を教えようとしても、なかなか難しいと言えます。

そこでオススメしたいのが、この「どうぶつしょうぎ」。プロ棋士の北尾まどか
女流二段が、はじめて将棋に触れる子供たちのために考えた、究極の入門ツール
です。かわいいどうぶつたちのイラストをつけてくれたのは、元女流棋士の藤田麻衣子さんです。

 

チビッコにも分かりやすいルールと
親しみやすい動物イラスト

シンプルな商品内容。温かみを感じさせる木製のコマと盤面、そして説明書が
入っています。

使うコマは、なんとたったの4種類。写真のように並べて、ゲームを開始しま
す。

それぞれのコマには独特の動き方があります。

 

ひよこは、自分の前1マスにしか進めませんが、相手の陣地の、自分から見て一
番奥の段まで進めば、裏返してにわとりになります。

にわとりは、 左右の斜め後ろ以外の6方向に動けるようになります。

きりんは、上下左右の4方向に動けます。かなり使いやすそうなコマですよね。

ぞうは、斜めの4方向に動けます。動ける方向に印がついていますので、字が読
めないチビッコでもすんなり覚えられますね。

そしてライオン。ライオンは全ての方向に動くことができます。相手のライオン
をとることができたら「キャッチ」で勝ち。あるいは、自分のライオンが、相手
の陣地の一番奥の段まで行けたら、「トライ」で勝ちになります。「トライ」の
ルールは、「どうぶつしょうぎ」だけの勝ち方ですね。

ゲームが進むと、将棋と同じようにコマの取り合いが生じます。取ったコマは、
もちろん自分のものとして、使うことができます。

 

目を見張るこどもの吸収力!

ルールがとてもシンプルなので、何度か遊べばチビッコも難なく覚えられます。
家族全員で、買ったその日どころか、買った瞬間から熱戦が楽しめますし、子ど
も同士ほったらかしておいても、ルールを間違わずどんどん遊んで上達できるの
が魅力です。シンプルな見た目とは裏腹に、なんと約2億4千万通りの展開が起
こり得る奥の深さがあるので、将棋に必要な論理的思考がバッチリ養え、自然と
本格的な将棋にステップアップできます。

気をつけてかからないと、お父さんやお母さんも、すぐに小さな我が子にコロッ
と負かされてしまいますよ!
夏休みの楽しいひとときを、どうぶつしょうぎで過ごしてはいかがでしょうか?

新装版どうぶつしょうぎ
本体円+税 発行:小学館 商品紹介・通販はこちらから