小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

3歳,4歳,5歳におすすめ!読み聞かせのプロが選んだ「昔話」の絵本18と無料絵本アプリ

昔話の絵本には生きるための知恵がいっぱい。考え想像する力を養って

理解力も想像力も豊かになる3歳からの幼児期は、よりストーリーのあるお話が追えるようになります。不思議の世界、未知の世界や昔話の絵本に、どんどん読み聞かせで出会わせてあげましょう。
昔話には昔の人が伝えようとした生きるための知恵が込められています。柔軟なこの時期にそ読み聞かせてあげたい海外、日本の昔話絵本を、3歳・4歳・5歳の年齢別リストで18冊ご紹介します。また、スマホやタブレットで気軽に昔話の読み聞かせを楽しめるアプリの魅力もお伝えします。

年齢別のおすすめ読み聞かせ絵本の記事はこちら

「絵本の読み聞かせ」の効果って?おすすめ絵本の選び方と読み方のコツをプロが解説
子供にとって大事といわれる絵本の読み聞かせ。では、子供の成長にとってどんなメリットや効果があるの? 実際にどんな絵本を選べばいい? JIPC...

3歳児におすすめ!昔話の絵本

『3びきのくま』

バスネツォフ/絵 福音館書店
単純なくり返しと、3つの大きさの対比が楽しい。ロシア独特の色彩の美しい絵が印象的なロングセラー。

てぶくろ

 


『てぶくろ』
エウゲーニー・M・ラチョフ/絵 福音館書店
動物たちの会話の心地よいくり返しと、色鮮やかで緻密な絵が、子どもたちを不思議な世界へと誘います。

 

おおきなかぶ


『おおきなかぶ』
内田莉莎子/訳 福音館書店
必ず読み聞かせてあげたい昔話。単純な言葉のくり返しと動作の積み重ねが、聞き手を達成感に導きます。

 

4歳児におすすめ!昔話の絵本

『三びきのやぎの がらがらどん』


『三びきのやぎの がらがらどん』
瀬田貞ニ/訳 福音館書店
北欧で日本の桃太郎のように語り継がれてきた民話です。心地よい言葉のリズムを大切に読んでください。

 

『さるとかに』


『さるとかに』
神沢利子/作 銀河社
有名なさるかに合戦を描いた絵本。類書は数あれど、絵の鮮明さと文章のわかりやすさで本書がおすすめです。

『ねずみのすもう』


『ねずみのすもう』
神沢利子/作 偕成社
絵の赤羽末吉先生は、あの「スーホの白い馬」で有名な日本を代表する絵本作家。有名な話だけに、質の高い絵本で読んであげたいですね。

『だごだご ころころ』

 


『だごだご ころころ』
石黒 なみ子、梶山俊夫/再話 福音館書店
ユーモラスな鬼の絵に、おおらかな気持ちになります。赤トンボの赤の由来もあって、秋にぴったりです。

 

『トラのじゅうたんに なりたかったトラ』


『トラのじゅうたんに なりたかったトラ』
ジェラルド・ローズ/作 岩波書店
愉快なインドの昔話です。少し長いお話を、読んでみたい、聞かせてあげたい、そのどちらにもぴったり。

 

5歳児におすすめ!昔話の絵本

『かさじぞう』


『かさじぞう』
瀬田貞二/再話 福音館書店
日本の最も美しい昔話絵本の1冊。墨絵で描かれた雪の質感が印象的で、5歳児の12月にぜひ読みたい。 

 

『おおかみと 七ひきのこやぎ』


『おおかみと 七ひきのこやぎ』
瀬田貞二/訳 福音館書店
ダイジェストしか知らない子も多く、卒園までに読んであげたい1冊。少し大きめの版なので持つ練習を。

 

『だいくとおにろく』


『だいくとおにろく』
松居 直/再話 福音館書店
起承転結がはっきりとしたメリハリのある物語。大工と鬼の会話も緊張感があり、子どもが集中して聞きます。

『シナの五にんきょうだい』

 


『シナの五にんきょうだい』
クレール・H・ビショップ/作 瑞雲舎
お話は『王さまと九人のきょうだい』と似ていますが、こちらの方が読み聞かせ初心者向き。

 

『ブレーメンの おんがくたい』


『ブレーメンの おんがくたい』
瀬田貞二/訳 福音館書店
躍動感のある線画タッチの美しい絵本です。ロバの上に次々、犬、猫、雄鶏が乗るシーンが楽しく印象的。

『たまごからうま』

 


『たまごからうま』
酒井公子/再話 偕成社
ゆかいなベンガルの昔話です。明るいおおらかな絵と、落語のような展開で、子どもたちに大人気な1冊。

『とらとほしがき』

 


『とらとほしがき』
パク・ジェヒョン/作 光村教育図書
韓国の昔話ですが日本の『ふるやのもり』に似ています。韓国ではトラが身近な生き物だったと解ります。

『むらの英雄』

 


『むらの英雄』
わたなべしげお/作 瑞雲舎
自分を数え忘れ、ひとり足りないと大騒ぎ。意味がつかめない子がいても、昔話のおおらかさを楽しめます。

『かちかち山』

 


『かちかち山』
広松由希子/文 岩崎書店
昔話を正しく伝えた絵本です。本文が長く、お子さんが退屈してしまうようなら、短くアレンジしてあげても。

 

『王さまと 九人のきょうだい』


『王さまと 九人のきょうだい』
君島久子/訳 岩波書店

大人になっても覚えている人が多い昔話。見返し部分もしっかりと見せ、丁寧にページを繰って始めます。

読み聞かせビギナーパパママには、無料アプリで昔ばなしを楽しもう!

昔ばなしを絵本で読み聞かせるのはもちろんおすすめですが、「なにを買ったらいいのか分からない」「子どもが気に入ってくれるのか不安…」「何冊も揃えるのが大変そう」といったお悩みも、聞こえてきそうですね。

そんな読み聞かせビギナーパパママには、アプリで楽しめる昔ばなしの読み聞かせもおすすめ! アプリ「おやこであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」には、昔話にオリジナルのアニメーションをつけた「おはなし」がいっぱい。無料で楽しめるものもあるので、まずはお子さんと一緒に楽しんでみてください。

『かさじぞう』

 

『きたかぜとたいよう』

 

 

 

おやこであそぼじゃじゃじゃじゃんダウンロードはこちら

 

出典:『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』/児玉ひろ美
※本記事は、保育者向け専門誌の記事を、パパやママ向けに再構成したものです。
再構成/HugKum編集部

読書アドバイザーが伝授!読まない、聞かない1歳児を絵本好きにするおすすめ5冊
1歳児に絵本を読み聞かせるねらいとは? 言葉や絵に興味を持ち始める時期は、たっぷりと絵本を楽しんで ひとり歩きも安定し、視野が広がって「...
読み聞かせ黄金期!読書アドバイザーおすすめの4歳の女の子、男の子向け絵本
4歳は【読み聞かせの黄金期】 まずおすすめの絵本は昔話! 自分の気持ちだけでなく、友だちの気持ちや身近な大人の気持ちなど、まわりの人の感...