1年生ママには意外なメリットも!PTA役員について知っておきたいこと

_2322

入学式を終えてホッとしたのもつかの間、やってくるのが「PTA役員」を決める保護者会です。

「1年生でやらなくても…」と思っていませんか? 役員は大変、と思われがちですが、いいこともあるんですよ。

ここではPTAの専門委員(役員)の例をあげて活動内容を解説するとともに、知られざるメリットもご紹介します。学校や地域によって名称は異なりますが、活動の一例として参考にしてみてくださいね。

 

■役員と会員のパイプ役「学級代表委員」

クラスから1~2名選出され、クラスの代表としてPTA運営に関わります。

PTA総会や運営委員会に出席して議案を検討するほか、学年ごとの活動の企画・運営や保護者会などの取りまとめも。

学校に行く機会が増えるので、こっそり子どもの様子を見られるのが何よりのメリットです。

 

■学校やPTAの活動を伝える「広報委員」

入学式や運動会、展覧会などの学校行事などを取材。学校の広報誌を編集し、発行します。

学校によっては、掲示物やPTAのホームページを作成して情報発信することもあります。

運動会でカメラマンを担当すれば、わが子をベストポジションで撮影できるのがうれしい“特典”です。

 

■イベントを企画・運営する「教養委員」

子どもや保護者のための文化行事を担当します。

夏休みのラジオ体操や、給食センターの見学・試食会など、地域学習の活動を企画したり、展覧会など学校の文化行事を手伝ったり。イベント好きな人や、アイデアを出すのが得意な人にぴったりです。

みんなが喜んでくれることが、達成感につながります。

 

いかがでしたか? ほかにもいろいろな委員がありますが、多くの学校では、6年間で1~2回は役員を受けるように決められています。また、ママやパパが学校に積極的に関わると、子どもがいちばん喜ぶのです。子育てや仕事の都合も考えながら、自分にあった役割に就けるといいですね。

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』の保護者向け別冊『HugKum』5月号では、「元PTA会長に聞きました!PTAって何?」を特集しています。

実際にPTA会長を経験した先輩ママが登場し、PTA組織について丁寧に解説。また、本部役員や専門委員の決め方など、さまざまな疑問にもお答えします。

先輩ママたちの体験談もたっぷり収録。あなたの持っている役員のイメージが、ちょっと変わるかもしれませんよ。

(ライター/菅原裕佳子)

いま知りたい情報が、知りたいだけわかる。

『小学一年生』の保護者向け別冊『HugKum』は、ママとパパの生活を優しくサポートします。

1月号 発売中!

年末年始大特集! 付録は、
うつして!スラスラ おえかきボード」

 
1月号

1月号発売中!

年末年始大特集! 付録は、
うつして!スラスラ おえかきボード」