小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

小学館の学習雑誌『小学一年生』のご紹介

小学館の学習雑誌『小学一年生』は、「ふしぎ!」「どうして?」にこたえ、お子さんの知識を広げ、好奇心を育む雑誌です。

1年生は、興味の対象が広がって好奇心が爆発する年頃です。そのときにさまざまなことに触れ、情報と知識を自分のものとして身につけていくことが、豊かで柔軟性のある人格形成につながっていくのです。『小学一年生』は、そんな子どもたちの「ふしぎ!」「どうして?」にこたえる学習雑誌です。

これからの未来を生きる子どもたちに大切なのは、「何を習ったか」「何を覚えたか」だけではない「本当の学力」、すなわち「自分で考える力」です。『小学一年生』の、おもしろくてためになる学習記事が、未来を生きる子どもたちの力を育みます。

 

本誌では、良質の写真やイラストを使った科学記事や、実験、工作、料理、スポーツなどの体験記事も満載。

毎号付いてくる付録は、ただの玩具ではなく、興味の入り口になり、本誌記事と連動して理解を深める働きも担うアイテムです。

さらに、家庭での学習習慣をつけるのに最適な、1日1枚・1か月32ページの「こくご さんすう まいにちドリル」。子どもたちに大人気で学習との相性も良いキャラクター、ドラえもんが勉強を盛り上げます。

『小学一年生』は、お子さんの考える力と好奇心を応援します! 『小学一年生』で、子どもたちは楽しみ、学び、成長します!

 

90年以上、小1のお子さんと共に歩んできた歴史ある雑誌です。

小学館の学習雑誌『小学一年生』は創刊から90年以上の歴史があります。

100周年に向けた「一歩」を小学1年生のお子さんと共に、歩んで行きます。

「知らなかったことを知る快感」を知る雑誌です。

小学1年生になると文字が読めるようになり、本を自分で選択して読むようになります。

この時期に、本を通して「知らなかったことを知る気持ちよさ」を感じた子は、そのあともずっと本好きになります。読書をすることで、知識が深まり、想像力が高まり、情報に対して有用か不用かを判断できる能力も育ちます。

『小学一年生』はその入り口です。6歳の子にも読みやすい、やさしい文章とわかりやすいビジュアルを使った1年生向けの雑誌です。

学校で教えてくれる勉強に収まりきらない、広く世界に興味を広げるような内容を、1年間お届けしていきます。

ここからスタートして、本好きになり、ほかのいろいろな本を読むようになってくれると嬉しいです。

 

子どもの興味・好奇心を深めるグッズが、毎号、付録についてきます。発展性のある付録が、興味をかきたてます

『小学一年生』といえば、楽しみにしていただいているのが付録です。

ただの玩具でも教材でもない、楽しくて発展性があるアイテムを、1年間お届けします。

また本誌には、付録と連動する科学的・体験学習的な記事を必ず掲載。目の前にある付録とつながる内容で、さらに興味をひきつけ、理解を深めます。

本誌企画では、理科的・科学的な内容を、おもしろくわかりやすく伝え、興味を広げます。

毎月の連載では、NHK『ピタゴラスイッチ』などで絶大な人気を誇る佐藤雅彦さんと、シリーズ累計100万部に迫る勢いの大人気絵本『コんガらガっち』のユーフラテスのチームでお届けする注目企画「プログラムすごろく」をはじめ、NHK『ノージーのひらめき工房』でも活躍するクリエイター・いしかわ☆まりこ先生の工作、楽しく科学に親しめると評判の多摩六都科学館監修の実験、さらに料理、スポーツなど体験型記事が充実。

さらに、良質な写真とイラストで科学を解説する、「おもしろくてためになる」特集記事があります。

どの企画も、お子さん自身が自発的に知識を高めていける構成になっています。

※こちらの記事もご覧ください。↓
『小学一年生』2018年度の「付録」+「特集テーマ」を1年分、一挙ご紹介

こくご・さんすうの学習ドリル32ページが、毎月付いてきます。

「まいにちドリル」の年間カリキュラム

1年生のうちは長時間勉強する必要はありません。ただし、机に向かって学習をする習慣をつけることは大切です。

別冊『まいにちドリル』は1日1ページ分の1か月32ページ。しかもドラえもんのストーリー仕立てだから、楽しく取り組めます。

小学館グループの通信添削ドラゼミが監修しています。

保護者向け別冊が、ママ&パパの子育て・生活をサポート

1年生はママとパパだって初めてのことだらけ。新生活に対して不明点や不安も多いなか、別冊付録『HugKum』がママとパパの心配を解消します。

『HugKum』(ハグクム)は、抱きしめるの「Hug」と「はぐくむ」をかけたタイトルどおり、お子さんが健やかに育てるよう見守るママ&パパのために役立つ別冊です。

学校のこと、家庭学習のことなど、情報満載です。

また、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹先生による悩み相談コーナーも連載しています。

別冊を補完するWEB版『HugKum』と合わせてお役立てください。

学習ドリル付きの本誌と付録と保護者向け別冊が毎月セット

小学一年生は、 学習ドリルも付いた本誌 + 豪華付録 + 保護者向け別冊が毎月セットとなります。

4月号は特別定価1480円(税込)、5月号以降の通常号は定価980円(税込)です。

 

バックナンバー購入はこちらから

※内容やデザインは変わる場合があります。