超絶改造!5月号付録ピアノペンケースが、スゴ技で「テクノマシーン」に進化

5月号付録「ピアノペンケース」が、巷のテクノ・ミュージシャンの間で、ちょっとしたブームになっているのをご存知ですか?

かく言う編集部でも、つい最近まで半信半疑だったのですが、この動画を観れば合点がいきました! ピアノペンケースを持っている人も持ってない人も、絶対観てほしい動画です。カッコ良すぎます!

Gott des Windes ( Ver.) / BakaOscillator.

キュートな付録が、こんなクールなアイテムになっているなんて、驚きですよね!!
『小学一年生』バックナンバー・バナー

 

■改造の様子を公開!

この動画を作ったのは、BakaOscillator (バカオシレーター)さん。電池駆動の小型電子楽器を使用し、テクノから童謡、果ては演歌を演奏したり、と多種多様な活動を行っている方です。

編集部ではさっそくアプローチして、どのように改造されたのかをうかがいました。特別に、ここで紹介します!

※BakaOscillatorさんは、専門の知識・技術を持って改造しています。編集部は、付録の改造を推奨しておりません。

IMG_2981

こちらが、使った材料です。「可変抵抗 10KΩ Aカーブ」「3.5ミリイヤホンジャック」「ツマミ」です。

可変抵抗は音の大きさを調整するために使用するものです。ジャックはスイッチ付きでプラグを差し込むとスピーカーからイヤホンに切り替わるタイプです。

ツマミは、なんとなくかっこいい感じの物を選んだそうですよ。

IMG_2982
スピーカーを外し、本体基盤 → 可変抵抗→ジャック →スピーカー の順番でハンダ付けをします。

IMG_2983
このような感じで本体に収めているそうです。

IMG_2984
ジャックやボリュームを取り付ける穴を開けます。

IMG_2985

ケーブルの挟み込みに注意しながら、各部品を取り付けます。ここが、一番大事なところだそうです。

unnamed (1)

演奏中にすべらないように、裏側には、ゴムをつけました。

CfV-t4rUIAAh7Y7
完成!

IMG_2987
裏側にイヤホンジャックが取り付けられています。これによって、録音もできるのです!

unnamed

セットされている「Nintendo DS」は伴奏のために使われているそうです。

まさに匠の技!という感じですね!

 

こうして完成した「BakaOscillator版・ピアノペンケース」で演奏されたのが、上の動画です。この過程を知って動画を改めて観てみると、また違った感動がありますよ。

 

■子どもたちに、いろんな音楽をマネして楽しんでほしい

ピアノペンケースの改造はもちろん、曲も自ら作られたものだそうです。

「昔作った曲ですが、バージョンとして、今回ピアノペンケース用にメロディを新規で作りました。邦題は”風神”といいます」とのことです。

 

ピアノペンケースを手にした子どもたちに、どのような”演奏体験”を味わってほしいと思いますか? とBakaOscillatorさんに質問してみたところ、以下のような答えが返ってきました。

「私が子どもの頃、家にオルガンがありました。テレビやラジオ、レコードやファミコンなどから聴こえてくる音楽で『あ、これいいな』と思ったものは、片っ端からそのオルガンでマネしていました。

それを練習して友達に聴かせてウケると、『次はもっとウケるものを』とヤル気になるんですよね。これは大人になった今でも変わりませんね。

このピアノペンケースを手にした子どもたちも、いっぱいいろんな音楽を聴いて、それをマネしてみて楽しんでほしいなと思います」

 

ピアノペンケース」は、子どもたちはもちろん、音楽を愛する大人たちも楽しんでもらえているんですね! 是非、みなさんに、いろいろな楽しみ方を見出してもらえると嬉しいです。

小学一年生5月号表紙

『小学一年生』5月号を購入する

02-1

ピアノが弾けるペンケース!『小学一年生』5月号の付録も豪華です

 

【関連ページ】

面白い動画がいっぱい!付録「妖怪ウォッチ ジェットび ひこうき」でクリエーターが競作

「音楽の基礎」が身につく付録&本誌企画が満載!『小学一年生』5月号

ピアノが弾けるペンケース!『小学一年生』5月号の付録も豪華です

『小学一年生』付録の「正しくない」使い方をマンガで紹介

12月号 発売中!

12月号はおしごと特集! ふろくは
オリジナルシールマシン

 
12月号

12月号発売中!

12月号はおしごと特集! ふろくは
オリジナルシールマシン