糸井重里×キューライスの新作絵本「ちきゅうちゃん。」『小学一年生』に登場

小学館の学習雑誌『小学一年生』2018年12月号(11月1日ごろ発売)の巻頭付録「ぴっかぴか えほん ミニ」は、豪華なお二人が執筆します!

■文は、糸井重里さん

 

▲できあがった「ぴっかぴか えほん ミニ」をうれしそうに眺める糸井重里さん

ものがたりを作ってくれたのは、糸井重里さんです。

大人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営したり、スタジオジブリの映画『となりのトトロ』で声優をしたり、子ども向けの詩絵本『おめでとうのいちねんせい』を作ったり、さまざまな方面で大活躍の糸井さん。

今回、約30年ぶりに『小学一年生』に書いてくださいました。

■えは、キューライスさん

 

▲スキウサギぬいぐるみと、「ほぼ日のアースボール」とキューライスさん

糸井重里さんの文に合わせて、すてきな絵を描いてくれたのは、キューライスさんです。『スキウサギ』『ネコノヒー』『チベットスナギツネの砂岡さん』などで人気急上昇中の漫画家さんです。

ちょっと切なさも感じさせる作風が、子どもたち向けにどんなふうに展開されるのか、とっても気になります。

■タイトルは「ちきゅうちゃん。」

絵本のタイトルは「ちきゅうちゃん。」です。

ある日、おとうさんが持って帰っていたのは、あおくてまるい「ちきゅうちゃん」?
という、なんともかわいくすてきなお話です。

友だちもたくさん登場しますが、「ちきゅう」なだけに、どんな子たちなのでしょうか?? 予想しながらお待ちください。

■「ほぼ日のアースボール」100名プレゼントも!

ふしぎなキャラクター、ちきゅうちゃんは、「ほぼ日のアースボール」と『小学一年生』のコラボ企画で生まれました。

「ちきゅうちゃん。」のモデル?とも言える、「ほぼ日のアースボール」を、『小学一年生』2018年12月号では、どどんと100名にプレゼントします!

地球儀なのに、かるくて、やわらかい。スマホをかざすと、小学館の図鑑NEO 新版『恐竜』などの楽しく学べるコンテンツが登場します。その魅力はこちらもご覧ください。

■「小学館キッズ」で「ちきゅうちゃん。」関連企画

こちらのウェブサイト「小学館キッズ」では、糸井重里さんとキューライスさんの対談や、「ちきゅうちゃん。」のかきかた、「ちきゅうちゃん。」のひみつなど、いろいろな記事を掲載していく予定です。

 

11月1日ごろ発売の『小学一年生』2018年12月号と合わせて、楽しみにお待ちくださいね!

(撮影/田中麻以)

11月号 発売中!

音楽を楽しむ大特集!
付録は「ドレミファパンフルート」