「とべ!うまい棒 しゃてきゲーム」でおまつり気分!『小学一年生』8月号

小学館の学習雑誌『小学一年生』2022年8月号
2022年6月30日(木)発売
付録+ドリル・保護者向けページ付き本誌がセット! 価格1100円(税込)

おまつり付録

とべ! うまい棒 しゃてきゲーム

※おかしの「うまい棒」は付録ではありません。

今月号の付録は、人気のおかし「うまい棒」のまとあてゲームです。

「うまえポンシューター」を使って、うまい棒の中身にそっくりな「うまい棒パーツ」を飛ばして、7つのまとに当てよう! 2人で順番に発射して、飛ばしたまとの数を競っても、飛ばしたまとに書いてある点数の合計を競ってもOK! まとの手前に障害物を取り付けると、ゲームの難しさがアップします。

おまつり気分で楽しく遊んでみてくださいね!

とじこみ付録

どこでもドラえもん 日本ぜんこく ゴー!ゴー! トラベル

47都道府県の有名なものや人に変身した、どこでもドラえもんのポスター。日本全国をいっしょに旅行しながら、夏休みの目標を達成しよう!

本誌

■「小一」なつの 大ぼうけん!!

4月号で募集した「小1の野望コンテスト」に応募してくれた読者の中から、2名が野望をかなえるために大ぼうけん!「イルカと友だちになりたい!」「恐竜の化石を発掘したい!」という、2つのぼうけんの結果は!?

■だがしを はるだけ! カンタンこうさく

見て! これらの工作は全部「だがし」で作ったよ!! 大きなケーキや首にかけるメダルも、だがしをテープで貼るなどして簡単に作れちゃいます。好きなだがしで作って、だがしパーティーを楽しみましょう!

■ポケットモンスター クイズランド ピカチュウの 森の 大ぼうけん 

ポケモンたちが森に出かけるよ! ポケモンと一緒に頭が良くなるクイズや迷路に挑戦! 今月は、森を舞台にしたストーリー形式の問題です。試行錯誤力や論理的思考力などが育まれる4問を楽しく解きましょう!

■あたらしい うまい棒 イラストコンテスト

「こんな味があったらいいな!」と思う、理想のうまい棒を考えて送ってください。へんてこな味も大歓迎! パッケージのデザインも絵に描いてね。入賞賞品は、なんとうまい棒1年分!!!

■おりょうり一年生 キラキラ! フルーツゼリー

お料理の技を毎回紹介する連載企画。今回は「きる」「とかす」の技を使って、つるつる、ぷるぷる、ひんやり☆ 夏にぴったりのゼリーを作ります。お好みのフルーツで挑戦してね!

■まんが ドラえもん ひみつどうぐ百科

暑さに困ったのび太くんのために、涼しくなるひみつ道具をドラえもんが出してくれました。さて、暑さは解決するのでしょうか?

■コんガらガっち いぐらの 月刊とにかくやってみそ!

いぐらからの出題です。おかしやおかしの容器など家の中にあるものを使った実験に挑戦してみましょう! おうちで簡単にできるのに、「空気の振動」や「力の分散」などのふしぎな現象を体験できるものばかり。お子さんに「なぜ?」と聞かれたときのために簡単な解説も用意しています。

■名探偵コナンゼミ にゅうもんへん さんすう・こくごドリル

通信教育「名探偵コナンゼミ」の特徴である、作文・図形・思考などの問題を盛り込んだドリルページが毎号ついてきます。夏休みは、これまで習ったことのおさらいをしましょう!

今月号の国語のテーマは、ひらがなのおさらい、文を作る、文を読む、言葉あそび。

算数では、ひき算に取り組みます。

ツール(図)を使って自分の考えを広げ、深めることができる「思考の達人ツール」では、ものの違うところ、同じところを見つけるのに便利な「ベン図」を紹介します。

■『小一』ママ&パパのための情報ページ

ママ&パパ向けのお役立ち情報をお届けするページ。

『小一』ママとパパの子育て相談室」では、ママやパパからのお悩みを大募集中! 現役の小学校の先生と小児科の先生が、みなさんの気持ちに寄り添ってお答えします。今回は、「子どもが言うことを聞かない!?」「担任の先生が嫌い!?」などのお悩みが寄せられました。

俳優として、フィギュアスケート選手として活躍中の本田望結さんのスペシャルインタビューも掲載! 学年誌のモデルをしていたという小学生時代や大好きなスケートなどについて語ってくれました。

ハッピー♪ SDGsライフ」では、身近なSDGsの取り組み例をご紹介します。今回は、総合食品メーカー「明治」のチョコレートにまつわるお話を聞きました。

注目記事

最新ツイート

最新記事

もっと見る

SNS

小学一年生

人気記事ランキング

『小学一年生』2020年度のコンセプトは、「未来をつくる“好き”を育む」

子どもたちは、誰もがすごい才能を持った天才です。これからは、彼ら、彼女らの“好き”が最大限発揮されることが大切な時代。一人一人がが持っている無限の可能性に気づき伸ばすきっかけとなる誌面を作るのが『小学一年生』の使命です!