「木のねんど」で自分だけの「えんぴつ」を作ろう!『小学一年生』10月号

小学館の学習雑誌『小学一年生』2022年10月号
2022年8月31日(水)発売
付録+ドリル・保護者向けページ付き本誌がセット! 価格1100円(税込)

こねこね付録

木のねんどでえんぴつつくるくん

※写真のえんぴつは粘土作家による作例です。ふろくの粘土で、掲載したすべての作品が作れるわけではありません。

自分だけの、すごいえんぴつが作れる! 木からできた粘土とえんぴつの芯のセットが今月号の付録です。粘土で形を作って芯を入れ、乾いたら自由に色をぬってできあがり! ほんのり木の香りがします。

芯が短くなっても大丈夫。えんぴつの先をカッターなどで削ることもできます。

本誌では、手作りえんぴつのコツを紹介する記事「せかいに1つだけのマイえんぴつをつくろう!」を掲載。載っているかわいい作品を参考にして、オリジナルえんぴつ作りに挑戦してみてくださいね!

 

別冊付録

小学校6年間つかえる漢字辞典! 漢字一〜六年生

小学1〜6年生までで学習する漢字1026字の読み方・書き方・書き順がわかるだけでなく、ドラえもんの漢字のまんがも読める保存版の1冊。たっぷり128ページ! 本誌に、辞典で遊べるなぞときページもありますよ。

巻頭付録

ポケモンはっくつ!こすりだシート


土の中にねむるカセキポケモンの骨を、えんぴつでこすり出そう! 6ぴき目のカセキポケモンを見つけると、ポケモン化石博物館の大人気グッズ「ぬいぐるみ 発掘ピカチュウ」が抽選で5名に当たるチャンス!  

本誌

■えんぴつで まいにち エンジョイ


えんぴつは文字を書くだけでなく、いろいろな使い方ができるんです! ゲームやスゴわざ、お絵かきなど、えんぴつでいろいろな遊びを「えんジョイ」しちゃおう!

■てっぱくたんけん! 東北しんかんせんはやぶさ リサーチ

小一モデルのひろくんが、日本最速の東北新幹線を鉄道博物館でリサーチ。未来の新幹線のために作られた車両「ALFA-X(アルファ エックス)」のことも調査してきました!

■おりょうり一年生 パンをくりぬいてキーマカレーパン

パンにひき肉のカレーを盛りつけて、お手軽なカレーパンを作ってみましょう! 今回は「炒める」「煮る」というお料理のわざにチャレンジします。

■まんが ドラえもん ひみつどうぐ百科

機嫌が悪いジャイアンに追いかけられて、困ったのび太くん。なんとか家に帰れたものの外に出ていけません。そこでドラえもんが出してくれた、ひみつ道具は?

■ポケットモンスター クイズランド

ポケモンと一緒に頭が良くなるクイズや迷路に挑戦! 試行錯誤力や論理的思考力、図形認識力が育まれる4問を出題。今月号の付録に関連して「えんぴつ」の問題もあります。よ〜く考えて全問正解を目指しましょう!

■コんガらガっち いぐらの 月刊とにかくやってみそ!

質問に答えるつもりで空欄を埋めていくと、最後に「自分が主人公の物語」が完成!

文章の読み書きの楽しさを味わえるだけでなく、自分の好みや情報を取り出す作業を通して、自分を客観的に見る体験ができます。

■かん字でなぞとき だっ出ゲーム

付録の漢字辞典を使ってクイズを解いていこう! 「なぞときアトラクション」の4つの部屋でクイズに正解すると、外に出られるよ。

■名探偵コナンゼミ にゅうもんへん さんすう・こくごドリル

通信教育「名探偵コナンゼミ」の特徴である、作文・図形・思考などの問題を盛り込んだドリルページが毎号ついてきます。1回1ページなので毎日少しずつ取り組むのにぴったり!

今月号の国語のテーマは、カタカナ、漢字、作文。
算数では、10より大きい数、2けたの計算に取り組みます。

ツール(図)を使って自分の考えを広げ、深めることができる「思考の達人ツール」では、作文を書く前のメモとして使える「なぜなにシート」を紹介します。

■『小一』ママ&パパのための情報ページ

ママ&パパ向けのお役立ち情報をお届けするページ。

『小一』ママとパパの子育て相談室」では、ママやパパからのお悩みを大募集中! 現役の小学校の先生と小児科の先生が、みなさんの気持ちに寄り添ってお答えします。今回は、パパから寄せられた「奥様との関係」や、子どものケンカ、口ごたえについてのお悩みをご紹介。

身近な企業のSDGへの取り組みを取り上げる「ハッピー♪ SDGsライフ」では、文具・オフィス家具メーカーのコクヨにお話をお聞きしました。

注目記事

最新ツイート

最新記事

もっと見る

SNS

小学一年生

人気記事ランキング

『小学一年生』2020年度のコンセプトは、「未来をつくる“好き”を育む」

子どもたちは、誰もがすごい才能を持った天才です。これからは、彼ら、彼女らの“好き”が最大限発揮されることが大切な時代。一人一人がが持っている無限の可能性に気づき伸ばすきっかけとなる誌面を作るのが『小学一年生』の使命です!