糸井重里さんとキューライスさんが、新作絵本「ちきゅうちゃん。」を語る企画、キッズパークで進行中。

小学館の学習雑誌『小学一年生』には、毎月巻頭付録として「ぴっかぴか えほん ミニ」がついています。2018年12月号は、「ちきゅうちゃん。」。

作者は、糸井重里さんと、漫画家キューライスさん。二人が作り出した、謎の新キャラクター「ちきゅうちゃん」の物語は、糸井さんが主宰する人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」と、『小学一年生』のコラボ企画で生まれました。

ある日お父さんが家に連れてきた、青くてまん丸な顔のちきゅうちゃん。観察するといろんなことがわかってきたり、友だちがいろいろ出てきたり。ちょっと不思議であたたかくて、切ない物語が展開します。

■小学館キッズパークで「ちきゅうちゃん。」関連企画が進行中!

謎のキャラクター「ちきゅうちゃん。」を、みなさんにもっと知っていただくために、「小学館キッズパーク」では、「ちきゅうちゃん。」に関する、さまざまな企画が進行しています。

まんがでわかる!ちきゅうちゃん誕生のひみつ」では、「ほぼ日」の運営や、文筆、声優など、多方面で活躍を続ける糸井重里さんと、漫画家、アニメーション作家、演出家、イラストレーターとして大人気のキューライスさん、という豪華な作者たちの対談がマンガに。

「ちきゅうちゃん。」誕生の秘密を明かしながら、二人の楽しいおしゃべりは、自分たちの子ども時代のことなどにも及んで大盛り上がり。マンガと写真を組み合わせた楽しいコンテンツは必見です。

ちきゅうちゃんを、もっと知るためのページからは、「ちきゅうちゃん。」関連のすべての情報にアクセスできます。

■ちきゅうちゃんのモデル?「ほぼ日のアースボール」がもらえる!

ちきゅうちゃんのモデルは、「ほぼ日」が開発した、軽くてやわらかい地球儀「ほぼ日のアースボール」とも言われています。『小学一年生』2018年12月号では、この「ほぼ日のアースボール」が抽選で100人に当たるプレゼント企画もやっています。

ボールのように投げたりして遊べるだけでなく、スマホをかざすと、小学館の図鑑NEO 新版『恐竜』などのたくさんのコンテンツが出てくる、楽しくて役に立つ地球儀です。みなさん、ぜひご応募ください。

 

 

糸井重里さんとキューライスさんが「ちきゅうちゃん。」の秘密を語るマンガは、「小学館キッズパーク」で。  プレゼント応募は、『小学一年生』2018年12月号でどうぞ。

 

【関連記事】

糸井重里×キューライスの新作絵本「ちきゅうちゃん。」『小学一年生』に登場
小学館の学習雑誌『小学一年生』2018年12月号(11月1日ごろ発売)の巻頭付録「ぴっかぴか えほん ミニ」は、豪華なお二人が執筆します...
世界を楽しむ大特集!付録は「コロコロちきゅうぎ」『小学一年生』12月号
  小学館の学習雑誌『小学一年生』2018年12月号 2018年11月1日(木)発売 付録+ドリル付き本誌+保護者向け別冊がセット...