「まいにちドリル」(『小学一年生』こくご・さんすう学習ドリル) 2018年9月号のポイント

小学館の学習雑誌『小学一年生』本誌には、こくご・さんすう学習ドリル「ドラえもんと たのしく べんきょう! はじめてドラゼミ まいにちドリル」が付いています。監修は小学館グループの通信添削ドラゼミです。

ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べます。

毎号31ページあるので、1日に1ページずつ学習を進めましょう。

「まいにちドリル」2018年9月号のポイント

こくご

1 1 かたかなの似た字体に注意しましょう。

今月は「かたかな」の練習です。かたかなは、ひらがなに比べれば画数も少なく比較的習得しやすい文字です。生活の中でも、まんがのキャラクターの名前やスポーツ、料理など、かたかなに接することも多いでしょう。

「ク・タ」「ス・ヌ」「コ・ユ」「シ・ツ・ソ・ン」「ル・レ」など、ひらがなよりも似た字体が多いので、形や書き順に注意しながら、お子さんの取り組みを見てあげてください。

2 いよいよ漢字学習がスタートします。

今月は、生活に身近な一から十までの漢数字や、カレンダーでもよく目にする「月・日」を練習します。

漢数字は一文字だけなら「いち、に、さん……」と読みますが、下に「日」がつくと「ついたち、ふつか、みっか……」と、独特な読み方になります。こうした読み方にも、慣れていきましょう。

3 文作りの練習をします。

今月の作文ページでは、「何がどのようにどうする」という文を作ります。「どのように」にあたる様子を表す言葉を文中で使うと、人物の様子や心情などを具体的に伝えることができます。

国語15では、二枚のカードを見ながら「かえるがぴょんぴょんとどうするのかな?」などと問いかけると、文が作りやすくなります。文の終わりに句点「。」をつけるのを忘れないようにしましょう。

さんすう

1 時計の学習をします。

「文字盤のきまり」と「長針・短針の役割」、そして「何時」「何時半(30分)」といった時計の読み方を学習します。実際にアナログ時計を見ながら、時計の基本を身につけましょう。

「時間」と「時刻」の違いについては、2年生で学習します。ドリルでは「じこく」と表記していますが、お子さんが、言葉がわからず迷われていた場合は、「何時何分というのを時刻というよ」と教えてあげてください。

2 平面と立体の図形を学習します。

「丸・三角・四角」といった平面図形は、遊びを通して知っていると思います。こうした平面図形の組み合わせによる立体図形の概念についても、少しずつ練習していきましょう。

例えば、箱の形は四角形の組み合わせ、筒の形は丸(円)と曲面をもつ側面の組み合わせになっています。生活や遊びの中で、さまざまな形にふれ、経験を積む中で、図形感覚を伸ばしていきましょう。

 

【関連記事】

夏休みが楽しくなる特集! 付録は「プログラムぜんまいサーカス」『小学一年生』9月号
小学館の学習雑誌『小学一年生』2018年9月号 2018年8月1日(水)発売 付録+ドリル付き本誌+保護者向け別冊がセット! ...
読者からの質問に全部答える!? 『へんしゅうちょうの なんでも こたえたい!!』
小学館の学習雑誌『小学一年生』で2017年度から連載しているまんが、『へんしゅうちょうの なんでも こたえたい!!』。 『小学一年生』...

「まいにちドリル」の使い方と特徴

●1年生の学習内容をドラえもんといっしょに学べる

1日に1ページずつ学習を進めましょう。ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べます。

●基本問題プラスαの学習ができる

国語、算数の基本問題に加えて、小学館グループの通信添削ドラゼミの特長でもある「言葉」「作文」「図形」の学習に触れていただくことができます。これらのページも1日の学習として取り組みましょう。

9月号 発売中!

夏休みが楽しくなる特集! 
付録は「プログラムぜんまいサーカス」