「まいにちドリル」(『小学一年生』こくご・さんすう学習ドリル) 2018年10月号のポイント

小学館の学習雑誌『小学一年生』本誌には、こくご・さんすう学習ドリル「ドラえもんと たのしく べんきょう! はじめてドラゼミ まいにちドリル」が付いています。監修は小学館グループの通信添削ドラゼミです。

ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べます。

毎号31ページあるので、1日に1ページずつ学習を進めましょう。

「まいにちドリル」2018年10月号のポイント

こくご

1 かたかなの長音は長音符「-」を使います。

かたかなの濁音・半濁音・促音・拗音は、ひらがなと同じように使い方を理解していれば難しくありません。促音、拗音は、たてがきの文章の場合、小さな「ツ」「ヤ」「ユ」「ヨ」を、上のかなに近い右上の位置に書くことを教えてあげてください。

長音(伸ばす音)はひらがなと違い、すべて長音符という「-」の記号を使って書きます。「かれえらいす」なら「カレーライス」、「ぷうる」は「プール」となります。長音符は、ふつうひらがなでは使いません。

2 日常よく見る漢字を選びました。

今月号では、「火・水・木・金」などの曜日の漢字や、「学校」「大小」など、日常的によく使う漢字を学習します。

正しく読めて、書けるように練習しましょう。書き順は、漢字を最初に覚えるときが肝心です。しっかり確認して正しい書き順で書きましょう。

3 詳しい文を書く練習をします。

今月の作文ページでは、「いつ・だれと・どこで・なにをした」という文を作ります。「なにをした」の部分を詳しく書くことで、状況が伝わりやすい文になります。日記を書くときにも、心がけるとよいでしょう。

さんすう

1 20までの数の構成を理解しましょう。

今月の算数の学習テーマは「20までの数(10より大きい数)」です。20まで数えることができるだけではなく、いくつといくつなどの考え方を通して、10より大きい数について深く理解できるように練習しましょう。

ここでは「10と4をあわせていくつ?」「13は、10といくつをあわせた数?」といったことから、0から20までの十進法のきまりについて、学習します。

2 2けたと1けたの数の計算に挑戦!

11から20までの数の構成や、数の大小がわかってきたら、こんどは数式による「20までの数」にチャレンジしましょう。たし算は「~よりいくつ大きい数」、ひき算は「~よりいくつ小さい数」と置き換えて考えるとわかりやすくなります。

 

【関連記事】

元気な体とスポーツ大特集!付録は「ロケットバッティング&スカイピンポン」『小学一年生』10月号
小学館の学習雑誌『小学一年生』2018年10月号 2018年9月1日(土)発売 付録+ドリル付き本誌+保護者向け別冊がセット! ...
読者からの質問に全部答える!? 『へんしゅうちょうの なんでも こたえたい!!』
小学館の学習雑誌『小学一年生』で2017年度から連載しているまんが、『へんしゅうちょうの なんでも こたえたい!!』。 『小学一年生』...

「まいにちドリル」の使い方と特徴

●1年生の学習内容をドラえもんといっしょに学べる

1日に1ページずつ学習を進めましょう。ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べます。

●基本問題プラスαの学習ができる

国語、算数の基本問題に加えて、小学館グループの通信添削ドラゼミの特長でもある「言葉」「作文」「図形」の学習に触れていただくことができます。これらのページも1日の学習として取り組みましょう。

12月号 発売中!

世界を楽しむ大特集!
付録は「コロコロちきゅうぎ」