山﨑優子の絵本『ぼくたちのうた』

美しい世界に心をとばすと聞こえてくるうた

ありのままの心で感じる音楽を、 画家・山﨑優子が鮮やかな絵に写し取った美しい絵本。

巻末には、8歳の作曲家・鈴木美音(2017年第32回全日本ジュニアクラシックコンクール作曲部門最高位受賞)が、 この絵本からインスピレーションを受け、ピュアな感性で書き下ろした曲も掲載。

購入するボタン
【『ぼくたちのうた』のあらすじ】

「すうーっと いきを すって、 ふーっと こころを とばしたら、 ほら うたが きこえてくる。」

勇気をくれる風のうた、喜びあふれる夕やけのうた、きらきら落ち葉舞うさよならのうた…。そして、はるかかなたの宇宙や、自分自身の内側から聞こえてくるうたにも耳をすませてみたり。聞こえてくる音色はどれも大好きだけれど、いちばん好きなのは…。

ISBN:9784097268192
定価:本体1,300円+税


【インタビュー記事】

心が落ち着いたり勇気が出たりするきっかけになれば【絵本作家インタビュー】山﨑優子さん
『ぼくたちのうた』は、心地良い空気がたっぷりとつまった絵本です。  どうやって光や音を絵に写し込むのか、など、作者の山﨑優子さんに伺...

 

【編集担当者のコメント】

山崎さんの絵からは音楽が聞こえるようで、美音さんの曲からは絵が見えるようで、絵と音楽は近しいものだと思います。絵と音楽が刺激しあい共鳴するときに生まれる感動を、ぜひ味わってください。

 

banner_700_150_pikkapikaehon

12月号 発売中!

世界を楽しむ大特集!
付録は「コロコロちきゅうぎ」