「ヲ」と「ヒ」の書き方、間違ってない? 編集者も勘違いする小1で習うカタカナ

小学校に入ると、ひらがなやカタカナの練習が始まります。きれいな字を書くためにも、正しい書き方、書き順で覚えておくことが大切です。多くの子どもが間違えやすいカタカナには、特に注意が必要です。

その中でも、お恥ずかしながら『小学一年生』編集部の何人かが誤ってしまった2文字があります。

『小学一年生』の編集部員は、1年生に間違いの無い知識をお届けするのが仕事です。それが、小1で習う文字を間違えていた…とあっては大変な失態。小学館の学習雑誌『小学一年生』7月号についてくる、カタカナの書き方がひとめでわかる『カタカナの練習ポスター』を校了中に発覚した大問題です!

どこかの政治家よろしく、隠蔽したいところではございますが、ここは自戒も込めて、その2文字を公開することにいたします。

【関連記事】

「も」「や」、あなたも間違ってる?正しい「ひらがなの書き順」
小学校に入学して、まず習うのがひらがな。すべての勉強の基本ですね。 大人なら当然、誰でも書ける文字ですが、さて、あなたはすべてのひらが...

■40年間違え続けた「ヒ」の書き始め!

まずは「ヒ」。たった2角の簡単な字ですが、正しい書き方をご存じでしょうか?

ヒ『小学一年生』

「ヒ」の1角目は、漢数字の「一」を、少し右斜めに上げるように書きます。

ここは「左から右に」書くのが正しい書き方ですが、大人でも「右から左に」書いていることが多いようです。

また、子どもの場合は先に2角目を書いてしまうことも多いので、こちらも要注意です。

■「ヲ」はつなげて書かない!

そして、「ヒ」よりもさらに間違えやすいカタカナは「ヲ」です。

ヲ『小学一年生』

 

1角目は漢数字の「一」のような横線。2角目は、その下にもう一本「一」を書きます。そして3角目で、縦の線を斜め左にはらいます。

もっとも多い間違いは、一度に「フ」のように書いてしまうケース。

「フ」は1画ですが、「ヲ」は3画。しかも書き順も違います。間違った書き方のほうが簡単なのですが、ここは最初にしっかり覚えておくことが大切。

「二を書いて、ノ」といったように、子どもが覚えている文字を使い、書き順を歌のように覚える方法もオススメです。

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』7月号では、カタカナの書き方がひとめでわかる『カタカナの練習ポスター』がついています。

机のそばや、リビング、トイレなど、よく見えるところに貼って、毎日ながめるだけでも効果大! お母さんやお父さんも、自分の書き方が本当に正しいのか、ポスターを見て、ぜひチェックしてみてください。

これから作文や読書感想文、観察文など、文字を書く機会がどんどん増えていきます。『小学一年生』には文字を練習できる学習別冊『まいにちドリル』が毎月付いてくるので、このドリルを使って、ひらがなも毎日少しずつ練習してきましょう。

(ライター/相川いずみ)

【関連記事】

『小学8年生』読者のみなさまへお礼とお詫び 〜『小学8年生』第2号発売 1週間前に
ご愛読ありがとうございます。『小学8年生』編集長の齋藤です。 おかげさまで『小学8年生』第1号は、みなさまにご好評をいただき、発売とほぼ同...
今日から始めたい!小1の「家庭学習」で差がつく5つのポイント
家庭学習は「毎日欠かさず、コツコツと」が基本です。できるだけ1年生のうちに、家庭学習の習慣をつけておきたいですね。自発的に勉強する姿勢を...

1月号 大好評 発売中

付録「ふしぎペン」で
お絵かきが楽しい!