繰り返し遊べる!コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本、完成

みなさん、唐突ですが、この黒いキャラクターをご存知ですか?

これは「いぐら」。いるかともぐらが「コんガらガって」できたキャラクターです。他にも、いろんなこんがらがった仲間がいるんですよ。たとえば、、、!

左のキャラクターは、たことからすがこんがらがってできた「たらす」です。それでは、もぐらとたこがこんがらがってできた、右のキャラクターの名前は何でしょう?? 答えは、このページの一番最後で!!

こんなキャラクターたちが活躍する、コんガらガっちの絵本が、今大人気なんです。作者は、あのピタゴラスイッチで有名なクリエイティブ集団「ユーフラテス」。シリーズ累計で95万部を誇り、11月20日には、最新刊「コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本」が完成しました。

何度も遊べる「ゆびでたどる絵本」とは!?

コんガらガっちシリーズの特徴は、ページをめくるごとに変化していくストーリーの面白さ。その変化というのは、こんな風に楽しめるんです。

どんぐりを見つけたいぐらが道を進むと、道が2つに分かれています。好きな道を選んで進むと・・・。

つぎのページでは2つの道が4つに分岐。このままでは終わらない予感がしますが・・・。

やっぱり、つぎのページでは、こんな状態まで話が膨らんできました! それぞれの道を指で辿りながら読むと、その都度新しい楽しさを発見でき、何度も何度も楽しめるんです!

そして、「なるほど」と膝を叩くような、スッキリひとつにまとまったオチが待っていますよ!!

 

クイズの答え:もこ

8月号 好評発売中

付録は
「きのみ おとどけ ゲーム」