桂文我 & いのぐちまおの絵本『らくごえほん ばしょうさんとかっぱ』

俳聖・松尾芭蕉の人気をうらやむ 池のかっぱが「俳句」 に挑戦!?

購入するボタン

 

『らくごえほん ばしょうさんとかっぱ』のあらすじ

むかし江戸時代、松尾芭蕉という俳句の名人がいました。あちこちを旅して素晴らしい俳句を残したので、「芭蕉さん、うちに来て俳句を教えてください。ごちそうも食べていってください」と引っ張りだこの人気者でした。

それを見ていた古池のかっぱ。芭蕉さんに化けて「俳句」なるものをよんでごちそうにありつこうとするけれど…。

松尾芭蕉の残した名句を味わえると共に、思ったことをそのまま言葉にするかっぱの愛嬌たっぷりの俳句も楽しい、俳句と落語がクロスする、ことばあそび絵本です。

ISBN:9784097253013
定価:本体1,300円+税

『らくごえほん ばしょうさんとかっぱ』のオリジナルミニメモを、抽選で100名様にプレゼント!!

応募方法:

『らくごえほん ばしょうさんとかっぱ』に挟み込まれている愛読者カードに必要事項を記入し、本書の感想などを書いてご応募ください。

応募しめきり: 2019年11月29日(金)当日消印有効

※当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。(2019年 12月末までにお送りします)

 


【インタビュー記事】

落語も俳句も、あったほうが心が豊かになる【絵本作家インタビュー】桂文我 × いのぐちまお
ぴっかぴかえほん『ばしょうさんとかっぱ』は、「俳句」を題材にした落語絵本です。松尾芭蕉の生誕地である三重県伊賀市の芭蕉翁記念館にて、作者...

 

【編集担当者のコメント】

松尾芭蕉の生誕地・三重県伊賀市では、芭蕉さんを敬愛し、小さなお子さんから俳句に親しむ取り組みが盛んです。そんな三重県にゆかりのあるお二人がこの絵本の作者。

文は落語家の桂文我さん(三重県松阪市出身)、絵はいのぐちまおさん(三重県名張市出身)、お二人の初タッグ絵本です。

 

banner_700_150_pikkapikaehon

作者 文/桂 文我  絵/いのぐちまお
定価 本体 1300 円+税
発売日 2019年6月13日
ISBN 9784097253013
江戸時代、俳句を文学として大成させた松尾芭蕉の句を味わうとともに、身近な発見を五七五の十七音で表す楽しさを伝える、俳句テーマの創作落語絵本です。
このえほんの販売サイトを見る

注目の絵本

お知らせ

注目記事

最新記事

もっと見る

SNS

小学館の児童書

ぴっかぴかえほん

小学館キッズ

人気記事ランキング