小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

長谷川義史の絵本『おならまんざい』

流れるような関西弁で繰り広げられる、これでもかこれでもかという、おならダジャレの数々! くだらなすぎて笑っちゃう、ってこういうことなんだな、と気付かされる爆笑必至の絵本です。

学習雑誌『小学一年生』から生まれた「ぴっかぴかえほん」シリーズ、記念すべき20冊目。

試し読みをする

購入するボタン
【『おならまんざい』のあらすじ】

「いも くったら おなら でた。」…と思ったら、出てきたおならがしゃべって、しかも「ぼくと まんざい せえへん?」と誘われて、おならとコンビを組んで漫才をすることに! コンビ名は「ラッキーこいたでてきた」でいこう! ってどんだけあほな話やねん。

くだらなすぎて笑っちゃう! あほあほ絵本です。

ISBN:9784097267515
定価:本体1,300円+税

 

【インタビュー記事】

子どもはやっぱ、遊んでないとダメですよ【絵本作家インタビュー】長谷川義史さん
ゲラゲラ笑えるようなナンセンスな絵本と、平和を考えるようなまじめな絵本のどちらも数多く作り出してきた絵本作家・長谷川義史さん。 長谷川さん...

【編集担当者のコメント】

長谷川義史さん、これまでにもダジャレ絵本やあほな絵本はたくさん描いてますが、これはご本人史上、最強のあほあほ絵本です! 自信を持ってオススメできます。

個人的には、おならが消えゆくところのせつなさがたまらん。ああ我々人間もおならみたいなもんかもしれん、短い人生やけどじぶんのやることでみんなに笑ってもらいたい、って思うわなあ…。ってそんなたいそうなことじゃないと思いますが(笑)。

 

banner_700_150_pikkapikaehon

1月号 大好評 発売中

付録「ふしぎペン」で
お絵かきが楽しい!