小学館 こどもの定番

おおがたえほんデコボコしかけが楽しいあかちゃん絵本

あか あお きいろ

作 グザビエ・ドゥヌ

定価 本体1200円+税

日本でも『はじめまして』などで人気のフランスからやってきた「デコボコえほん」。各ページに形がデコボコ飛び出ていて、幼児がさわって感じながら絵本を楽しめます。「色」がテーマのこの絵本は、「リンゴの赤」、「太陽のオレンジ色」、「葉っぱの緑」など、あかちゃんが最初に出会う基本的な色が登場します。繰り返し楽しめて、シンプルですてきな絵本です。単純な形が隆起している仕掛けなので、手で触って感じながら楽しめるという点でも、あかちゃんに最適!

くわしくはこちら

新のりたけワールド! 親子で楽しむ絵本登場

おしりをしりたい

作・絵/鈴木のりたけ

定価 本体1200円+税

仲良し三人組「おしりおしり隊」のねらいはズバリ、「おしりのことをもっとシリたい!」。なぜおしりはプリプリしてるの?そもそもおしりは、どこからどこまで?…。子どもたちの永遠のキラーコンテンツ「おしり」。最初は興味本位でも読み進めていくとちょっと勉強になり、そしてだんだんおしりの偉大さがわかってきます。鈴木のりたけ氏得意のユーモア、遊び心をちりばめ、子どもたちを飽きさせません。

くわしくはこちら

メガネをかけたら世界が変わる、感動物語

メガネをかけたら

作/くすのきしげのり  絵/たるいしまこ

メガネをかけなくてはならなくなった女の子が主人公。クラスには、メガネをかけている子なんて一人もいないので、どうしてもメガネをかけたくありません。「頭が良くなるならかけるわ」とか、「宇宙まで見えるならかけるわ」とか、難癖をつけます。朝会のある日、やっとメガネをかけて学校に行ってみると……。
くすのきしげのり作の『おこだでませんように』と『ふくびき』に続く感動作第3弾です。はじめてメガネをかける子どもの不安を描く心温まる物語です。

くわしくはこちら

歌って楽しい、じゃがいもの愉快な絵本

じゃがいもポテトくん

作/絵 長谷川義史

定価 本体1500円+税

八百屋さんで売っているじゃがいもくんたちは、みんな北の国からきた家族です。店先で仲良く並んでいますが、次々といろいろなうちに買われていって離ればなれに。涙涙のお別れでした。ある日の幼稚園でのお昼の時間。子どもたちがお弁当箱を開けたとたん…コロッケになったじゃーむすくん、ポテトフライのとうさん、みんな、それぞれのうちで、おいしいじゃがいも料理に変身して、子どもたちのお弁当のおかずになって再会しました。
長谷川義史さんが各地で行ってきた講演会の読み聞かせならぬ“歌い聞かせ”で絶大な人気のあるお話「じゃがいもポテトくん」が絵本になりました!

くわしくはこちら

付録の特殊レンズで答えを探す、さんすう迷路絵本

かずの冒険〈海編〉

作・絵/香川元太郎

定価 本体1400円+税

主人公の妖精「かず」が、竜の石を探すため、海を探検するストーリー。迷路+隠し絵+クイズと盛りだくさんの内容です。この本の目玉!は、付録についている「おばけのレンズ」。業界初採用の特殊技術で、レンズを表、裏とあてると別の文字や絵柄が見えてきます。これを使って、答えを探しつつ、その「竜の石」を探すのです。
しかも、この本にはもう一つの仕掛けが! 「かずの冒険」の第1作「野山編」に付録でついていた【妖精のレンズ】。これをあてると見えてくる暗号が、この「海編」には隠されているのです。さらに、この「海編」の【おばけのレンズ】を「野山編」のある部分にのせると見えてくる暗号も実は隠されていた!レンズ交換、をしてダブルで遊ぶことができます。ゲーム性も魅力ですが、知育面でも優れた絵本です。

くわしくはこちら

コんガらガっちの「ゆびでたどる絵本」第3弾

コんガらガっち おそるおそるすすめ!の本

著/ユーフラテス

定価 本体1200円+税

いぐら(「いるか」と「もぐら」がこんがらがってできた生物)とたらす(「たこ」と「からす」がこんがらがってできた生物)が、「きもだめしのもり」に迷い込みました。そこには、怖くてヘンテコなおばけたちがいっぱい! そして道を進んだ先には・・・。驚きの結末を楽しんで下さい。何度でも楽しめ、本を開く度に新しいおもしろしかけが盛りだくさんです。作者のユーフラテスは、テレビ「ピタゴラスイッチ」を制作しているクリエイティブ・グループ。

くわしくはこちら

てのひらサイズの遊園地のしかけ絵本
 
てのひらしかけえほん
 
ゆうえんち
 
 
絵/わらべきみか
 
定価 本体780円+税
 
携行にぴったりなてのひらサイズが好評の「てのひらしかけ絵本」シリーズ。この「ゆうえんち」では回転木馬、コーヒーカップ、ジェットコースターなどの遊園地のアトラクションが、頁をめくるごとに驚きのしかけで登場します。
 
 
感動の名作が大型絵本で登場!
 
大型絵本 おこだでませんように
 
 
作/くすのきしげのり  絵/石井聖岳
 
定価 本体9000円+税
 
第55回青少年読書感想文全国コンクール課題図書選定、第2回JBBY賞受賞、第3回幼稚園絵本大賞受賞と、多くの人々に支持されている感動の名作が、大型絵本になりました。しかられてばかりの少年が、七夕に飾る短冊に書いたお願いとは何だったのでしょうか? それを見た先生、そして、その話を聞いたお母さんは、どんな反応をしたでしょう。いつもしかられる側のこどもから、しかってしまう大人まで、多くの読者の心に響く感動物語です。
 
 
夏だ!虫だ!むしのもりだ!
 
あそぼう! むしのもり
 
 
作/タダ サトシ
 
定価 本体1300円+税
 
夏の定番、人気シリーズ「むしのもり」のお話第4弾!
人間の男の子さっちんと、オオクワガタのオオクワくんは大の仲良し。一年中「むしのもり」で一緒に遊んでいるけれど、なんといっても夏は虫たちの季節、遊びにも気合いが入るよね。4話収録で、それぞれに遊びのページがついているよ。さあ、みんなもさっちんと一緒にむしのもりで遊ぼう!毎日虫たちにたくさん会えて、いっぱい遊べて大満足。 明日もたくさん遊ぼうね。
 
  
チェブラーシカのオリジナル絵本、第5弾!
 
チェブラーシカ 〜どうぶつえんへいく〜
 
 
原作/エドゥアルド・ウスペンスキー  文/やまちかずひろ 絵/さんさん
 
定価 本体1300円+税
 
ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」という意味の、不思議な生き物「チェブラーシカ」。オレンジの箱に入って南の国からやってきたチェブラーシカは、この街でワニのゲーナと友だちになり、ふたりはなかよしになりました。そのゲーナがある日かぜをひいてしまい、動物園の仕事に行けなくなってしまいました。かわりにチェブラーシカがワニの仕事をすることになりましたが、それをききつけた いじわるなシャパクリャクさんが、みんなをこまらせるいたずらを思いつき・・・。
ロシアの国民的な絵本キャラクター・チェブラーシカの原作シリーズにもとづいたオリジナル映像「チェブラーシカ 動物園へ行く」が、カラフルな挿絵で楽しめる読み物絵本になりました。チェブラーシカやゲーナ、そして街の仲間たちがたくさん登場する、にぎやかでユーモラス、そしてちょっぴりほろりとくる友情物語です。
 
 
なかやみわのベストセラー ばすくん第三巻
 
ばすくんのクリスマス
 
 
作/みゆきりか 絵/なかやみわ
 
定価 本体1200円+税
 
人間たちの世界での「バス」としての役目を終えて、山に置き去りにされてしまった「ばすくん」。シリーズ既刊で、そんなばすくんに動物の仲間たちが出来るまでを描いてきましたが、今回はみんなで山の中で「クリスマス」を祝うために力を合わせる姿を描きます。ばすくんや仲間たちが何もない山の中でにぎやかなクリスマスをお祝いするまでを、いきいきとした描写で描きます
 
  
 
ろくちゃん、げんきでパンパンパン! 
 
パンやのろくちゃん げんきだね
 
 
作/長谷川義史
 
定価 本体1300円+税
 
ろくちゃんのおうちは商店街のパン屋さん。あたたかい家族に囲まれて、すくすく育ちます。幼稚園のお友だちと遊んだりけんかしたり、商店街のおかしなおじさんたちも家族同様、ろくちゃんをあたたかく見守ってくれてます。「じてんしゃにのりたいよ」「おとしものをとどけたら」「テレビにでちゃったよ」「はいしゃさんにいく」の4話を収録。それぞれ8ページずつ1話完結になっているので、どこからでもお読みいただけます。おかしさと温かみをたたえた長谷川義史ワールドを親子でお楽しみください。
 
 
大人気絵本『そらまめくん』シリーズ最新刊 

そらまめくんの はらっぱあそび なつのいちにち

著/なかやみわ

定価 本体1200円+税

累計300万部突破の絵本「そらまめくん」シリーズ最新刊『そらまめくんのはらっぱあそび なつのいちにち』が発売!2年ぶりの完全新作。夏の野原で見つけられる花や葉っぱをつかって、楽しい遊びの工夫をそらまめくんと一緒に楽しめる内容です。絵本を読み終わったら、すぐにでも本を持って、外に出かけたくなること間違いなし。親子で楽しめるはらっぱあそびも満載です。

くわしくはこちら

もっとミッケで遊べる、ファン必見の一冊
 
チャレンジ ミッケ! ミッケがだいすき 1
 
 
写真/ウォルター・ウィック 訳/糸井重里
 
人気シリーズ「チャレンジミッケ!」9冊から、作者お気に入りのシーンをクローズアップして集めました。設問も新しく、さらにミッケ!が楽しめるファンブックです。オールカラー80ページの豪華版です。作者のウォルター・ウィックさんは、100枚以上の写真の中から、特にお気に入りのものを選び出しました。山もりのボタン、古いロボット、棚いっぱいの小さなおもちゃ、大きなお城、宝ものの積まれた沈没船・・・・・・。「チャレンジミッケ!」の全ページに登場していたシーモアも、ところどころ顔を出します。合計389個もの「ミッケ!」がつまっています。ミッケファンの人も、はじめての人も、家族と、友達と、みんなで楽しめます。
 
 
繰り返し楽しめる赤ちゃん絵本
 
きむらゆういちのパッチン絵本
あっかんべろ〜ん
 
 
作/きむらゆういち
 
定価 本体680円+税
「きむらゆういちのパッチン絵本シリーズ」100万部突破を記念して、きむらゆういちさんが絵も描き下ろしました。動物たちが、「あっかんべろ~ん」とへん顔をして遊んでいます。スライド部分を引き出したり、閉じたりして繰り返し楽しめます。シンプルなしかけと絵がわりは、赤ちゃんから喜んで本と親しめます。
 

注目の絵本

お知らせ

注目記事

最新記事

もっと見る

SNS

小学館の児童書

ぴっかぴかえほん

小学館キッズ

人気記事ランキング