西原理恵子 【漫画家 紹介】

さいばら りえこ

1964年高知県生まれ。武蔵野美術大学卒。

1988年に週刊ヤングサンデー『ちくろ幼稚園』でデビュー。
1997年に『ぼくんち』で第43回文藝春秋漫画賞、
2004年に『毎日かあさん(カニ母編)」 で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、
2005年に『毎日かあさん』『上京ものがたり』 で手塚治虫文化賞短編賞、
2011年に『毎日かあさん』 で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。
著書に『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』( KADOKAWA)、
『ダーリンは73歳』(小学館)、『りえさん手帖』( 毎日新聞出版)など。

 

公式サイト: 鳥頭の城 – 漫画家 西原理恵子 公式サイト

公式Twitter: @riezo0608 

 

【関連記事】

学校は半分くらい行けばいい 『毎日かあさん』で人気の漫画家・西原理恵子さん
『毎日かあさん』『ぼくんち』『女の子ものがたり』など、数々の作品を世に出している漫画家の西原理恵子さん。独特の視点から描かれる子ども...
「親の仕事」は子どもが16歳で終わり 『毎日かあさん』の人気漫画家・西原理恵子さん
毎日新聞で16年に渡り『毎日かあさん』を連載し、2017年6月26日に「卒母(そつはは)」宣言と共に完結を迎えた漫画家・西原理恵子...
親の考えは古い。子どもの判断に任せるべき 人気漫画家・西原理恵子さん
▲「12歳の文学賞」贈賞式で、受賞者の子どもたちと談笑する西原理恵子さん 『毎日かあさん』『ぼくんち』『女の子ものがたり』など、数々の...

人気ランキング