馬、ダチョウ、ライオン、「短距離走」で競争すると、ビリはあの動物!

動物グラフ4月号

馬、ダチョウ、ライオン、いずれも、大草原をさっそうと駆けて行くイメージがありますよね。では、その3種類の動物が、「短距離走」をすると、どんな順位になるのでしょうか?

小学館の学習雑誌『小学一年生』2016年4月号の巻頭特集「はやい! のんびり!? どうぶつスピードくらべ!」では、それぞれの動物が、おおよその最高速度で10秒間走ったと仮定したときの移動距離を紹介しました。

どの動物が1位になったのでしょうか? 気になる、その結果をご紹介します。

【関連記事】

あの国民的キャラが断トツ1位! 小1の子が「好きなキャラクター」ランキング
小学館の学習雑誌『小学一年生』では、小1の子どもが「好きなキャラクター」を調査しました。 男女の回答が大きく異なるなか、共通して...

■1位は、納得のダチョウ!

最高速度で10秒間走った時、1番速いのは、ダチョウです。なんと、222メートルも進んでいるそうです。

長く細い足は、確かに、見るからに速そうですよね。

■2位は、妥当な馬!

2番目に速いのは、馬です。189メートルもの距離を10秒で一気に駆け抜けています。

さっそうと駆けて行く映像を思い浮かべて、ダチョウよりも速そう!?と思った人も少なくなかったかもしれませんが、30メートルも離されているんですね。

■ビリは、意外なライオン!

野生の動物・短距離走で、残念ながらビリとなってしまったのは、ライオンでした。10秒間に約179メートル走るそうです。

百獣の王として素早い動きで勇敢に狩る姿をテレビで観ることもありますが、スピード自体は、ダチョウや馬に負けているのですね。

 

以上、馬、ダチョウ、ライオンの「短距離走」の結果発表でした。やはり、追う者よりも、追われる者のほうが必死度がはるかに高く、足もどんどん速くなっていくのかもしれませんね。

筋骨隆々のライオンが一番ビリ、というのは意外だったのではないでしょうか? もちろん、ビリとは言っても、動物界全体の中ではじゅうぶん速いほうなのは確かです。百獣の王といえど、上には上がいるということですね。

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』2016年4月号の巻頭特集「はやい! のんびり!? どうぶつスピードくらべ!」では、

他にも、
・コウテイペンギンが10秒間に泳げる距離、ハヤブサが10秒間に飛べる距離

・カメレオンの一瞬の動き

・どうぶつの1日の過ごし方

などを紹介しています。

小学校入学で、お子さんの生活リズムが変わる時期です。動物の時間の感覚を親子で見ながら、時間の使い方について話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

【関連記事】

「も」「や」、あなたも間違ってる?正しい「ひらがなの書き順」
小学校に入学して、まず習うのがひらがな。すべての勉強の基本ですね。 大人なら当然、誰でも書ける文字ですが、さて、あなたはすべてのひらが...
「ヲ」と「ヒ」の書き方、間違ってない? 編集者も勘違いする小1で習うカタカナ
小学校に入ると、ひらがなやカタカナの練習が始まります。きれいな字を書くためにも、正しい書き方、書き順で覚えておくことが大切です。多くの子ども...

注目記事

最新ツイート

最新記事

  • 神尾 百音ちゃん 2022『小一』モデル

    神尾 百音 かみお もね ■趣味・特技  模写、バレエ、体操 ■ハマっていること  おともだちとお手紙交換! ■お気に入りの絵本  『しろくまちゃんのほっとけーき』(作/わかやまけん...

  • 國島 杏珠ちゃん 2022『小一』モデル

    國島 杏珠  くにしま あんじゅ ■趣味・特技  家族の似顔絵を描くこと ■ハマっていること  段ボールで家や車を作ること ■お気に入りの絵本  『かばんうりのガラゴ』(作/島田ゆか...

  • 浅枝 瑛翔くん 2022『小一』モデル

    浅枝 瑛翔  あさえだ えいと ■趣味・特技  恐竜図鑑を読むこと ■ハマっていること  お姉ちゃんと学校ごっこ ■お気に入りの絵本  恐竜図鑑、危険生物図鑑 ■夏休みの思い出  ...

  • 渡辺 さくらちゃん 2022『小一』モデル

    渡辺 さくら  わたなべ さくら ■趣味・特技  ずっとクルクル回っても目が回らない! ■ハマっていること  アニメ「おさるのジョージ」 ■お気に入りの絵本  『おひめさまになれる ...

もっと見る

SNS

小学一年生

人気記事ランキング

『小学一年生』2020年度のコンセプトは、「未来をつくる“好き”を育む」

子どもたちは、誰もがすごい才能を持った天才です。これからは、彼ら、彼女らの“好き”が最大限発揮されることが大切な時代。一人一人がが持っている無限の可能性に気づき伸ばすきっかけとなる誌面を作るのが『小学一年生』の使命です!