小学館HugKum-ハグクム

小学館の親子向けサイト

プログラミングでゲームを作るスーパー小学生! (『小学一年生』4月号連動企画)

ワイワイとおしゃべりをしながら、時に真剣な表情をのぞかせて、パソコンに文字を打ち込む小学4年生の澁谷知希(しぶやともき)くん。彼が次々と打ち込んだプログラムによって、複雑なゲームができあがっていきます。

彼は、複数のプログラミング言語をあやつり10以上のゲームやアプリを開発している、スーパー小学生なのです!

(『小学一年生』2018年4月号では、お子さん自身の興味関心を突きつめ、それぞれの「すごい!」を実現した小学生を紹介する「すごいぞ!スーパー小学生!」記事を掲載しています。 本誌もあわせてご覧ください。)

■「パパがプログラムを組んでいるのを見て、僕もやりたいと思いました」 

システムエンジニアのお父さんの影響で2才の頃からパソコンに興味を持ち始めた知希くん。最初はHTMLを使ってホームページを作っていました。

「この文字を赤くしよう」 お父さんのアドバイスを聞きながら命令を打ち込むと、本当に文字が赤くなって表示される。自分の指示が、その通りになって実現することに興奮します。

幼稚園の年中になるころには、プログラミング言語の習得をはじめ、どんどんとステップアップしていきました。

■小学1年生で、はじめてのゲームを作る 

小学1年生の9月、自分でゲームを作りたいと思った知希くんは、プログラミングをより詳しく学ぶため東京・渋谷にあるプログラミングスクール「Tech Kids School」に通いはじめます。そして3か月後には、最初のゲーム「生活ゲーム」を完成させました。主人公が寝たり買い物をしたりすることで、体力やお金などのゲージが増減するゲームです。

この段階では、まだボタンを操作するだけの単純なゲームでしたが、第2弾の「冒険生活ゲーム」では、キャラクターを十字キーで動かす、草原や湖へ場面移動ができるなど、バージョンアップ。さらには、「このシーンで音楽をつけたい」「スマートフォンでもできるようにしたい」など、やりたいことがどんどんと増えていき、それに応じて必要な言語を習得していきました。

「こういうふうに動かしたい」と頭の中で考えたことが、プログラムを組むことで本当にその通りになる、その快感が知希くんの大きなモチベーションになりました。

▲最初に作った「生活ゲーム」。「買い物をする」、「寝る」、「お金を借りる」などの 単純なボタン操作で、キャラクターの体力やお金のゲージが増減する。

■お母さんに奪われたゲームをとりかえせ!

知希くんが一番気に入っているゲームは、小学4年生のときに作った「ゲームハンター」。 「お母さんにゲームを奪われたゲーマーの勇者が、隠されたゲームを取り返しに家中を探し回る」というユニークな設定。

ゲームを見つけるために、アイテム「100点のテスト」をゲットしてお母さんを説得するなど、これまでの知希くんのゲームに足りなかった「ストーリー性」が与えられました。

「僕はプログラムを組むのは得意だけど、ストーリーを考えるのは苦手なんです」そう知希くんは言います。「ゲームハンター」の子どもらしい世界観は、意外にもお母さんとの会話の中から生まれていったのだそう。

▲「ゲームハンター」のトップ画面。「お母さんに奪われたゲームを探しだす」のがミッション。

▲「お母さんが隠しそうなところといえば、キッチンですよね〜!」。 キッチンに隠されたゲームを取り返すために、アイテム「100点のテスト」 を使って説得するなど、その世界観には遊び心がふんだんに盛り込まれている。

▲無事ゲームを見つけてもまだ終わらない。インターネットの接続が意図的に 切られていたのだ。今度はお父さんの部屋でWi-Fiパスワードを探し出す。

▲制作ノート。お母さんがやることリストを整理してくれて、知希くんが具体的に設計を記していく。

■1日のパソコン時間は2時間まで

明るくてお話し上手な知希くんは学校でも人気もの。とくにパソコンを使う授業となると、友だちからの質問攻めにあって、まるで先生のよう。好きな教科は、地域のことを調査してまとめる「総合」。その理由も、「調査にパソコンが使えるから」という徹底ぶりです。

意外にも、家でパソコンを使える時間は2時間と制限されています。その2時間を使って、プログラミングをしたり、新しいゲームの構想を練ったりしています。

知希くんの夢は、お父さんと同じシステムエンジニア。 大好きなゲーム「マインクラフト」のような、人を魅了する大きなゲームを作りたいとのこと。知希くんの今後の活躍に期待大です。

 

澁谷知希(しぶやともき)くん

『小学一年生』認定スーパー小学生。
埼玉県の小学4年生。 友達とマインクラフトで遊ぶのが大好き。「自分で言うのもなんですけど、歌声には自信があります」と隠れた特技も教えてくれた。

(写真/平田貴章)

【関連記事】

英語で観光案内をするスーパー小学生!(『小学一年生』4月号連動企画)
岡山県随一の観光名所、「後楽園」。 小学4年生の川上拓土(かわかみたくと)くんは、ここで観光案内のボランティアをしています。 驚くな...
1年で100匹もの猫の里親を見つけるスーパー小学生! (『小学一年生』4月号連動企画)
山口県の「てしま旅館」は、捨て猫を一時的に預かるシェルター、「猫庭」を運営しています。 この猫庭の小さな館長が、小学4年生の手島姫萌(...
企業ロゴや商品デザインを手がける大人顔負け小学生デザイナー!(『小学一年生』4月号連動企画)
エステサロンのロゴ、運動靴のデザイン…。精密な幾何学模様がたっぷりと描き込まれたこれらのデザインを手がけたのは、なんと小学5年生。 1...
小学校生活が楽しくなる大特集!おうちでできる実験や工作も『小学一年生』4月号・本誌
小学館の学習雑誌『小学一年生』 2018年4月号 2018年3月1日発売 特別定価1480円(税込) 小学一年生は...

6月号 発売中!

いろいろ観察してみよう! 
ふろくは「くっきり虫めがね」