読み聞かせにもぴったり。幼児向け絵本まんが『はじめてのドラえもん』発売!

1970年、小学館の『小学一年生』から『小学四年生』までの学年別学習誌や『幼稚園』『よいこ』など幼児向け雑誌で、『ドラえもん』の連載がスタートしました。

読者は、就学前の子どもたちから10歳になる4年生まで。藤子・F・不二雄先生は、子どもたちの年齢や興味に合わせて、お話を描き分けていたそうです。

その中から、幼児誌に掲載されたお話を集めた絵本まんが『はじめてのドラえもん』が刊行されました。小さい子どもたちが感覚的に楽しめるように工夫された9話が集められています。

のび太がはじめてドラえもんに出会う「ドラえもんがやってきた」。そして「ロボットえんぴつ」「ロボット足」などおなじみのひみつ道具が登場するお話や、「いま、なん時?」「歯みがきで強くなろう」など生活習慣についても学ぶことができる絵本です。

第1話の「ドラえもんがやってきた」は、読み聞かせ音声つき映像を楽しむことができます。

今とは少し違うイメージの初期のドラえもん。そして、ジャイアン、スネ夫とのび太のおなじみのやりとり。見ているとほのぼのとした気分になってきますね。

ぜひ、親子でお楽しみください!

 

絵本まんが
はじめてのドラえもん
著/藤子・F・不二雄
定価本体1300円+税
2019年11月26日発売・小学館刊

試し読みをする

購入するボタン

 

 

【関連記事】

ぴっかぴかえほんのご紹介
小学生の心によりそう ぴっかぴかえほんシリーズ!! 小学館の学習雑誌『小学一年生』90周年記念企画として人気を博した描き下...
第12回 12歳の文学賞 
第8回大賞、第9回優秀賞の中濱ひびきさんデビュー 「第12回12歳の文学賞」受賞者発表 「第12回12歳の文学賞」一次・...