“鏡のような紙”に映る、無限のかたち。 不思議で楽しい紙遊び「ぺぱぷんたす」

 

紙が好きな子、集まれー! 小学館のOYAKO MOOK『ぺぱぷんたす』が、幼児向け月刊誌『幼稚園』の新企画になって2018年5月号からスタートしました。毎月、紙を折ったり、切ったり、気の向くままに手を動かしたり…。そんな「不思議で楽しい紙遊び」が早くも大好評いただいています。

 

 

第3回の2018年7月号では、鏡のように光るつやつやピカピカの紙「かがみがみ」を使って、いままで体験したことのない楽しみ方をご紹介します。紙の本から飛び出した、紙の神様「ソビー&ワッキー」のナビゲートで、いざ、奥深い紙の世界へ、レッツゴー!

鏡のような紙、その名も「かがみがみ」で遊ぼう!

 

使うのはワッキーが持っている「かがみがみ」。ピカピカに光っていて、鏡のようになんでも反射させる特殊な紙です。ほら、ワッキーの指もしっかり映っていますね。この「かがみがみ」、ぱっと見ではわからない驚くほど多彩な遊び方ができるんです。

■「鏡×ぐにゃりとたわむ紙の性質」でどうなる?

 

『幼稚園』7月号には、「かがみがみ」で遊ぶためのページがありますよ。

まずは誌面でさかさまになっているソビーとワッキーを映してみます。誌面に「かがみがみ」を立ててみると…。「かがみがみ」に映ったソビーとワッキーは、紙をたわませるたびにビヨーンと伸びたり、急に縮んだり、ちょっと奇妙な形になったり。ぐにゃりとたわむ紙の性質を利用しているので、本物の鏡とはちがう面白さがひろがるのです。

また、この写真ではわかりにくいのですが、誌面に反転した「鏡文字」で書かれた「ワッキー」「ソビー」の文字は「かがみがみ」のなかで正しく読むことができます。ぜひお子さんに教えてあげてくださいね。

たわませる、傾ける、ずらす…無限のかたちが見えてくる

 

さらにぐにゃぐにゃ効果を使って、こうぞうくんの顔で遊んでみると…。「かがみがみ」には何人ものこうぞうくんが! あれあれ? なかには変顔のこうぞうくんもいるようですよ。

 

誌面には体の右半分だけのこうぞうくんがいます。写真のように「かがみがみ」を使って、もとの全身の姿に戻してあげましょう。また、紙を立てる位置をずらすと、こうぞうくんがやせたり太ったりします。お子さんや家族の写真で試せば、楽しさ倍増です。このほかにも「かがみがみ」の遊び方はいろいろ。本誌のほかのページや自分の顔など、いろいろなもので実験してみてくださいね。

こんな紙を楽しむ企画がいっぱいの小学館 OYAKO MOOK『ぺぱぷんたす』002号は7月3日ごろ発売予定。また、紙の神様「ソビー&ワッキー」は、テレビ東京系列『おはスタ』(毎週月~金、朝7時5分~7時30分)で毎週木曜日の『ぺぱぷんたすのじかん』に登場し、注目を集めています。ぜひ番組にも会いに来てください。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『幼稚園』2018年7月号の情報はこちら

付録は「ねらえ! 4れんぱつ しゃてき」!園児の知育学習雑誌『幼稚園』7月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園  2018年7月号 2018年5月31日発売 特別価格950円(税込) ...

 

【関連情報】

“モンタージュ遊び”が楽しめる! 人気イラストレータが手がける仕掛け絵本
切ったり、貼ったり、めくったり…。小学館の幼児向け月刊誌『幼稚園』で2018年4月号から始まり大好評いただいているのが、絵本でさまざまな...
【速報】『幼稚園』8月号の付録は「ポケットモンスター きのみ おとどけゲーム」
小学館の知育雑誌 幼稚園  2018年8月号 2018年6月30日頃発売 特別価格 960円(税込) 付録 ポケットモンスタ...

9月号 好評発売中

付録は
「かいてんずし つかみゲーム」