気分はガリバー。世界一高い塔「東京スカイツリー®」で星の輪投げを楽しもう!

子どもはもちろん、大人もいっしょに楽しめる! アイデアいっぱいの企業コラボ付録が大人気の、小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』。2019年11月号は、東京のランドマークとしてすっかりおなじみの「東京スカイツリー」が登場です。それは、ツリーで輪投げを楽しめる、その名も「とうきょうスカイツリー ほしわなげ」。さあ、親子でレッツ・トライ!

■1000分の1サイズ、63.4cmの東京スカイツリーを組み立てよう!

ご存じのとおり、東京スカイツリーの高さは「武蔵(ムサシ)」にちなんだ634m。今回は、その1000分の1サイズの63.4cmのミニスカイツリーをお届けします。

「ミニ」といっても、組み立てはお子さんにとっては簡単ではないので、ぜひおうちの方が手伝ってあげてください。丁寧に作れば作るほど、空高くそびえ立つスカイツリーのシャープで美しいフォルムが再現されますよ。

スカイツリーを上から見ると、土台部分は正三角形、上に行くほど真円に近くなるという、独特のデザインをしています。そのため、見る方向によって傾いているように見えたり、裾が非対称に見えたりもするのです。

付録を作りながら、「○○ちゃん、じつはスカイツリーってね…」と解説してあげれば、建造物への興味も深まるにちがいありません。

輪投げタイムは、工夫しだいでさらに盛り上がる!

ツリーが完成したら、子どもたちが大好きな輪投げタイムです! 星形の投げ輪は、大小各4つずつあるので、「お子さんは大きい輪、おうちの方は小さい輪」というふうにルールを決めてゲームを進めましょう。

また、おうちにある建物や車のおもちゃといっしょにスカイツリーを並べれば、オリジナルの“スカイツリータウン”のできあがり! 街を見下ろしながら輪投げ遊びとなれば、気分はもうガリバー。ゲームはさらに盛り上がることでしょう。

スカイツリーのキャラクター、「ソラカラちゃん」「テッペンペン」「スコブルブル」も応援していますよ。

■本誌で知る、東京スカイツリーのあんなこと、こんなこと

巻頭特集では、スカイツリーを下のフロアから上に向かって順にご紹介していきます。

展望デッキへ行くための「展望シャトル」って、どんな乗り物? 展望デッキや展望回廊からは何が見えるの? 高さはどのぐらい? 塔のライティングに名前がついてるって本当? などなど、東京スカイツリーに行ったことがある人にも、これから行きたい人にもうれしい知識が満載です。

さあ、あとはスカイツリーに行くだけ! さっそくお子さんと計画を練ってみませんか。

(ライター/菅原裕佳子)

 

©TOKYO-SKYTREE

 

『幼稚園』2019年11月号の情報はこちら

付録は「とうきょうスカイツリー ほし わなげ」園児の知育学習雑誌『幼稚園』11月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年10月1日発売 特別価格 998円(税込) 2019年11月号の付録は...

 

【関連記事】

日産フェアレディZがやってきた! 世界にひとつだけの「トミカ」を作ろう! 飾ろう!
カプセルトイに回転ずし、アイスクリーム自販機に銀行など、これまでさまざまなコラボふろくをお届けしてきた、小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』...
史上初、ふろくからお金が出てくる!?「セブン銀行ATM」で遊んで学ぼう!
まず、お詫びをしなければなりません。毎月、幼児誌の常識を覆す企業コラボふろくで、子どもはもちろん、大の大人をもどよめかせてきた小学館の園...
ポケモングッズを打ち落とせ!映画とコラボの付録「ぐるぐるしゃてき」
さあ、いよいよ夏休み。小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年8月号では、この夏、大注目の映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」...

11月号 好評発売中

付録は「とうきょうスカイツリー 
ほし わなげ」

 
11月号

11月号好評発売中

付録は「とうきょうスカイツリー 
ほし わなげ」