山田マチ & 岡本よしろうの絵本『しかしか』

鹿の歯医者さん「しかしか」は、大いそがし

試し読みをする

購入するボタン

 

『しかしか』のあらすじ

ぐらぐら。ぐらぐら。歯がぬけそうで、でも、ぬけない。

前歯が生えかわりそうなぼくに声をかけてきたのは、動物の歯医者さんをやっている鹿だった。いろんな動物たちの歯のお悩みを、「しかたがない」「やるしかない」などと、しかしか言いながら「たしかな」治療を施す鹿先生。そして、居合わせたのも何かの縁と、手伝うことになったぼく。

生き物たちの歯の多様性をユニークに紹介しながら、歯の大切さを伝える絵本です。

ISBN:9784097253075
定価:本体1,300円+税

 

【インタビュー記事】

歯が抜けた今をおもしろがってほしい。【絵本作家インタビュー】山田マチ×岡本よしろう
鹿の歯医者さんを舞台に、いろいろな動物たちが歯のお悩みを相談に来るユニークなお話『しかしか』。 文章担当の山田マチさんと一緒に、絵を担...

 

【編集担当者のコメント】

この絵本には、のび続ける歯、毒が出る歯、何度も生えかわる歯、など、人間の歯とは違う動物たちのいろいろな歯が出てきますが、共通して言えるのは、歯は生きていくうえでとても大切、ということです。歯の生えかわり時期の子や、歯みがきの習慣を身につけたい子に、ぴったりの絵本です。

 

banner_700_150_pikkapikaehon

作者 文/山田マチ 絵/岡本よしろう
定価 本体 1300 円+税
発売日 2020年4月17日
ページ数 40ページ
ISBN 9784097253075
このえほんの販売サイトを見る

注目の絵本

お知らせ

注目記事

最新記事

もっと見る

SNS

小学館の児童書

ぴっかぴかえほん

小学館キッズ

人気記事ランキング