手遊びのように、親子で楽しく作る簡単おやつ。 夏のクールデザート「カラフルジュース白玉」

「子どもでも作れる料理のレシピってないかな?」「そろそろ親子で料理をしてみたいな」そんな園児ママから大好評をいただいているのが、小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』の「てあそびおやつ」コーナーです。

毎月、楽しい料理をおしえてくれるのは、料理創作ユニットのGomaのおふたり。2018年9月号では、目にも涼しげな「カラフルジュースしらたま」をご紹介します。

■まぜる、こねる、丸める…遊び感覚でおやつ作り

「小さいころにお母さんと作った白玉の味、懐かしいなあ」というおうちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、いつもの白玉にほんのひと手間加えて、フルーツ白玉を作ります。生地に混ぜるのは、ぶどうや野菜、オレンジなどの100%ジュースがおすすめですよ。「白玉」といってもピンとこないお子さんも、「ジュース」と聞けば「ジュース入れたい!」「こねたい!」と身を乗り出してきそうです。

お子さんにとって、生地をこねたり、丸めたりする作業は、粘土遊びや砂場遊びの延長ですね。特別な道具もいらないので、安心して任せることができます。

お鍋で生地をゆでる過程は大人の方にしていただきますが、「熱湯は危ない」「火に近づくのは危ない」という知識を体験のなかで学ぶ機会にもなりますね。

■いっしょに「食べる幸せ」をかみしめたい!

カラフルな白玉が完成したら、まずはそのまま何もつけずに食べてみましょう。ジュースを混ぜた白玉は、それぞれどんな味がするかな? お子さんだけでなく、大人までもが食べ比べにワクワクしそうです。

もちろん、ご紹介した写真のように、アイスやあんこを添えれば、リッチなデザートに早変わり。秋のお月見は、「カラフル白玉」でインスタ映え! もおすすめですよ。

 

親子で料理をすることは、共同作業を楽しみ、達成感を味わい、「食べる幸せ」を実感する第一歩ともいえます。お子さんにできることが限られている時期にぴったりな「てあそびおやつ」で、これからもさまざまなメニューに挑戦してみてくださいね。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『幼稚園』2018年9月号の情報はこちら

付録は「かいてんずし つかみゲーム」園児の知育雑誌『幼稚園』9月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2018年9月号 2018年8月1日発売 特別価格980円(税込) 20...

 

【関連記事】

「まる、さんかく、しかく」で感性ひろがる! 塗って、切って、ならべる形の七変化
お子さんが大好きな積み木の形、まる、さんかく、しかく。この3つの形で、いままでにない絵本の楽しみ方を発見しました! 小学館の園児向け月...
「水に溶ける紙」に絵を描いて水に沈めたらどうなる? 不思議な紙遊び『ぺぱぷんたす』
ひとことで「紙」といっても、さまざまな種類があります。画用紙、和紙、ティッシュペーパー、珍しいものではプラスチックでできた破れにくい紙(...

12月号 好評発売中

付録は
「VR(びっくり)おえかき」