表が裏で、裏が表で…!? 単純なのに神秘的「メビウスの輪」しりとり

こう毎日寒いと、お子さんも「きょうは外遊びしたくない」ということもありますよね。そんな日は、おうちで不思議な紙遊び『ぺぱぷんたす』を楽しみませんか。小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年2月号では「メビウスの輪」のお絵かきしりとりをご紹介。さて、一体どんなしりとりなのでしょうか? 紙の神様「ソビー&ワッキー」、そしてこうぞうくんといっしょに、やってみよう!

■「メビウスの輪」だからできることって?

細長い紙をくるっと1回ねじって作られた輪。それが「メビウスの輪」です。「ああ、たまに見る、ねじれた輪っかね」という方もいらっしゃることでしょう。ねじれていることに意味はあるのでしょうか? 不思議なことにメビウスの輪は表をなぞるといつのまにか裏に、そして裏をそのままなぞっていくと元の表にたどり着く、永遠になぞることができるミステリアスな輪なのです。

その特性を活かしてできたのが、2月号のしりとり遊び。さっそく、本誌のなかの紙を切って「メビウスの輪」を作ってみましょう。

紙を1回ねじってから、のりづけするのがポイント。こうぞうくんも間違えずにつなげることができました。

■スタートすると、スタートにゴール!? エンドレスしりとり

ジャン! これが完成した「メビウスの輪」です。では、初めての「メビウスの輪 しりとり」に挑戦してみましょう。手前に見える「ゴリラ」から始めてみると…、なんとびっくり、ゴリラの裏側に見える「ルビー」や「いす」、さらに「いぬ」や「ぬいぐるみ」をたどって、またゴリラに行き着くではありませんか。終わらないしりとり、これぞ「メビウスの輪」のなせる業なのです。

■オリジナル「メビウスの輪」を作ってみよう!

次に本誌のなかにある残りの白い紙を使って、自分だけのメビウスの輪を作ってみましょう。ポイントは、先に紙をつなげて輪を作ってから絵を描くことですよ。そうすれば、しりとりの絵も考えやすいですよね。

もちろん、しりとりでなくてもOK。思い浮かぶことを自由に描いて楽しんでください。終わらない輪のなかで、お子さんだけのストーリーが生まれることでしょう。

 

今回は、長方形で作った輪の構造を利用した紙遊びをご紹介しました。2019年3月号も、知られていない紙遊びでみんなを驚かせようと思っています。どうぞご期待ください。

(ライター/菅原裕佳子)

『幼稚園』2019年2月号の情報はこちら

付録は「メダルおとしゲーム」園児の知育学習雑誌『幼稚園』2月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年2月号 2018年12月27日発売 特別価格980円(税込) ...

 

 

【関連記事】

【キャンペーン終了】幼児誌・年間定期購読申し込みは随時受付中
「年間購読キャンペーン」の期間は終了しましたが、各雑誌の年間購読は随時承っております。 詳しくはこちらをご覧ください。 年間定期購読...
この冬は、おうちで堂々ゲーム三昧! SEGA®とのコラボ付録「メダルおとしゲーム」
「メダルゲームなんてまだダメよ!」とお子さんに言い聞かせているおうちの方は多いことでしょう。けれども小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』は、...
絵が飛び出す!?「ぺぱぷんたす」と『おはスタ』共同開発の12月号付録「VR(びっくり)おえかき」
毎号、SNSで話題騒然! 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』。2018年12月号の付録は、なんと!『幼稚園』の楽しい紙遊び企画「ぺぱぷんた...

12月号 好評発売中

付録は「ピノガチャ」

 
12月号

12月号好評発売中

付録は「ピノガチャ」