水だけで色が塗れる。クレヨンも絵の具もいらない「みずぬりえ」で遊ぼう!

世の中にはたくさんの紙遊びがあることを、子どもたちに知ってほしい。

そんな気持ちから、小学館の幼児向け月刊誌『幼稚園』で生まれた、紙遊びのコーナー「ぺぱぷんたす」。

2019年6月号では、「みずぬりえ」という不思議な遊びをご紹介します。「みずぬりえ」なんて、見たことも聞いたこともないですよね。一体、どんなぬりえなのかな?

今月も、紙の神様、ソビー&ワッキーと、なるくんといっしょに、楽しんでいきましょう。

■タネも仕かけもない!? これが「みずぬりえ」

こちらが本誌の巻頭にある「みずぬりえ」です。

どこにでもある、何の変哲もないぬりえですね。ここに色を塗るわけですが、用意するのは「水と細い筆、または綿棒」だけ。色鉛筆や絵の具などの画材は、一切使いません。

ということは…? じつは、このぬりえは「水をつけるだけで色を塗れるぬりえ」なのです。

「ちょっと何言ってるか、わかんない」という方も、ぜひ試してみてください。

■水で塗るだけできれいな色が浮かび上がる!

それでは、さっそく塗っていきましょう。写真のソビー&ワッキー、なるくんのように、コップの水に筆や綿棒(ソビーは指ですね!)をひたしていきます。

濡らした筆や綿棒で、ぬりえの黒い部分をなでていくと…?

ほら、こんな感じで、水彩絵の具で描いたようなみずみずしい色が、出てきました!

「みずぬりえ」は、絵の中に特別なインクをひそませていて、そのインクが水にぬれるとじわっと溶け出してくるのです。今回は「どこにどんな色が潜んでいるのかわからないようにしたい」という意図でつくっているので、水をつけるまで、どんな色がでてくるのかわかりません。「ここを塗ったら、どんな色になるかな?」とワクワクしてきますよね。

※特殊な加工のため、塗った指を口に入れたり、なめたりしないでくださいね。

犬のぬりえは、こんなに鮮やかな発色です。青や黄色が混ざると黄緑色になったりするのも、お子さんには新しい発見かもしれません。

もう1枚の、動物がたくさんいる「みずぬりえ」は、どんな色が出てくるかな? 塗ってからのお楽しみですね。

絵のなぞりかた、水の量などで、できあがりがまったく違う色合いになるのも面白いですよ!

 

小さなお子さんでも、気軽に遊べる「みずぬりえ」。綿棒や指で塗るという体験も、好奇心を引きつけるのではないでしょうか。おそらくおうちの方も初めての珍しい紙遊びを、どうぞお楽しみください。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『幼稚園』2019年6月号の情報はこちら

付録は「やきにくリバーシ」園児の知育学習雑誌『幼稚園』6月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年6月号 2019年4月30日発売 特別価格 980円(税込) 20...

 

【関連記事】

何度でも作りたい爽やかスイーツ。「フルーツごろごろ ヨーグルトアイスバー」
ぽかぽか陽気の日がふえて、冷たいおやつがうれしい季節になりました。小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年6月号の「てあそびおやつ」で...
絵本を折って切ってもいいの? 山口洋祐さんの美しい色彩から生まれる意外な工作
遠い南の海に、不思議な模様の島が浮かんでいます。その島の森には、さるが暮らしているのだそうです。 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』20...
いちばん遠くに飛ぶのはどれかな?「ぺぱぷんたす」は「ぴょんぴょんかえる」
珍しい特殊な紙で遊ぶのは、もちろん素敵な体験。でも、どこにでもあるシンプルな紙でおもしろいことを考えられたら、それがいちばんですよね。 ...

8月号 好評発売中

付録は
「ポケモン ぐるぐるしゃてき」

 
8月号

8月号好評発売中

付録は
「ポケモン ぐるぐるしゃてき」