目を閉じて、指の感覚だけでゴールできるか!? 点字から生まれた「ゆびめいろ」

おうちの方やお子さんに、「点字」にふれたことのある方はいらっしゃるでしょうか。

小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年7月号の「ぺぱぷんたす」では、点字をヒントにした珍しい遊びをご紹介します。

それは、「ゆびめいろ」。一体、どんな遊びができるのでしょうか?

■指を使う迷路、だから「ゆびめいろ」

これが、本誌巻頭についている「ゆびめいろ」です。一見、「マス目が書いてあるだけの画用紙」に見えますよね。

でも、カメラをぐぐーっと近づけてみると…。

おわかりでしょうか? マス目の上に、透明の小さな「ぽちぽち」がついているんです。でも、すべてのマス目についているわけではありません。ぽちぽちのないマス目もありますよ。

「ゆびめいろ」は、ぽちぽちを「壁」に見立てた迷路です。目をつむって、指で迷路をスタートします。壁にぶつかることなく、ゴールまでたどり着けたら、大成功ですよ。

迷路が進むほど、指の感覚が研ぎ澄まされる!

実際に筆者も挑戦してみました。すると、すぐにぽちぽちにぶつかって、つい目を開きたくなってしまいました(笑)。でも、そこは我慢。行き止まりになったら、元の道を引き返して、ぽちぽちのない道を指で探して進みます。

ゴールまでは遠い道のりのように感じてしまいますが、ぽちぽちのない道に導かれ、自然にゴールできました。

このような、視界のない真っ暗な世界でお子さんが遊ぶことは、初めての経験かもしれませんね。迷路が進むにつれて、指の感覚が研ぎ澄まされてくるのを感じると思います。

「何も見ないで、指の感覚だけで遊ぶ体験」を、ぜひ親子で楽しんでいただきたいと思います。

「点字」という、特殊な本の文字からアイデアを得た「ゆびめいろ」。紙遊びを楽しみながら、この機会に、「点字の本」がある、ということなどもお子さんにお話ししては、いかがでしょうか。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『幼稚園』2019年7月号の情報はこちら

付録は「セブンティーン アイスじはんき」園児の知育学習雑誌『幼稚園』7月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年7月号 2019年6月1日発売 特別価格 980円(税込) 企業コ...

 

【関連記事】

水だけで色が塗れる。クレヨンも絵の具もいらない「みずぬりえ」で遊ぼう!
世の中にはたくさんの紙遊びがあることを、子どもたちに知ってほしい。 そんな気持ちから、小学館の幼児向け月刊誌『幼稚園』で生まれた、紙遊...
いちばん遠くに飛ぶのはどれかな?「ぺぱぷんたす」は「ぴょんぴょんかえる」
珍しい特殊な紙で遊ぶのは、もちろん素敵な体験。でも、どこにでもあるシンプルな紙でおもしろいことを考えられたら、それがいちばんですよね。 ...
枯れ木に花を咲かせましょう!ちぎってふりかける立体アート「ぺぱぷんたす」
桜色の紙が、まるで本物の桜の花のように、ふんわりと木にちりばめられています。どうやったらこんな風に、ふわっと紙を貼ることができるのでしょ...

10月号 好評発売中

付録は「幼稚園オリジナル
トミカ日産フェアレディZ」

 
10月号

10月号好評発売中

付録は「幼稚園オリジナル
トミカ日産フェアレディZ」