外に出て風と遊ぼう。「ぺぱぷんたす」は、かこさとしさんの「ころころぐるま」

秋になると気持ちのいい風がふいてきて、外に出て走り回りたくなります。そんなとき、持っていくと楽しいのが『幼稚園』2019年10月号「ぺぱぷんたす」の「ころころぐるま」。絵本作家・かこさとしさんが教えてくれた、風と遊ぶ紙のおもちゃです。

紙育シリーズ『ぺぱぷんたす』002号が発売!かこさとしさんが伝えたかった「かみあそび」とは。
身近な「紙」を使って、人と紙との関係を、もっと自由に楽しもう! そんな思いから生まれた、「紙育」のためのOYAKO MOOK『ぺぱ...

「ころころぐるま」は、『幼稚園』10月号の最初のページについている水色の紙を使って作ります。裏はきれいなピンク色のこの紙から、大小2種類の大きさの、3つの円が切り取れます。それぞれの円の中にある三角を、内側、外側と交互に折っていくと、ちょっと不思議な形のくるまができあがります。

■風の力を利用するとどんどん転がる!

さっそく転がしてみましょう。でも風の吹いていない部屋の中では、うまく転がりません。というわけで、かみのかみさまソビーとワッキーが、魔法で風を起こすと…?(笑) 止まっていた大きなくるまが、起き上がって動き出しました!

次は、だれのころころぐるまがいちばん長く転がるか、競争です。勝ったのは、なるくん!

今度は外でやってみましょう。ころころぐるまを転がしてみると、風がどこからやってきて、どのくらいの速さで吹いているのかがわかります。よーく観察してみると、今まで気づかなかった風のすがたが見えてきて、いろんな発見がありそうです!

■たくさん遊んだらオリジナルの紙でも作ってみよう

『幼稚園』10月号についているころころぐるまの紙は、ソーダボールという厚紙(大和板紙)。さわやかな水色の表面のムラは1枚ずつ全部違います。たくさん転がして遊んだら、次は自分の好きな色やもようの紙で、オリジナルのころころぐるまを作ってみてください。もっと薄い紙でも大丈夫です。

たくさん作ったら、外に出て思いきり風といっしょに走り回って遊びましょう。もちろん、車や人には十分注意して!

そして、みなさんのころころぐるまの写真や動画を、#ぺぱぷんたすのハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿していただけたらうれしいです。『幼稚園』アカウントでご紹介します。

(ライター/いしださなえ)

 

『幼稚園』2019年10月号の情報はこちら

付録は「幼稚園オリジナルトミカ日産フェアレディZ」園児の知育学習雑誌『幼稚園』10月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年10月号 2019年8月30日発売 特別価格 1290円(税込) ...

 

【関連記事】

お札で遊ぶ!? 落書きも!? にせものだから楽しめる「ぺぱぷんたす」
セブン銀行とのコラボふろく「ATM」が大反響をいただいた、園児向け月刊誌『幼稚園』2019年9月号。 ふろくとセットの、紙の神様ソビー...
自分が描いた絵がアニメのように動き出す!? オリジナル「パラパラまんが」を作ろう!
小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年8月号の「ぺぱぷんたす」は、みんなが大好きな「パラパラまんが」です! 子どものころノートの端...
目を閉じて、指の感覚だけでゴールできるか!? 点字から生まれた「ゆびめいろ」
おうちの方やお子さんに、「点字」にふれたことのある方はいらっしゃるでしょうか。 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年7月号の「ぺ...

12月号 好評発売中

付録は「ピノガチャ」

 
12月号

12月号好評発売中

付録は「ピノガチャ」