「並盛おまたせしました!」 特大サイズのおたまで牛丼作りゲームに挑戦!

次は何が出てくるのかな?と毎月楽しみな『幼稚園』企業コラボ付録。2020年1月号は、吉野家とコラボした「ぎゅうどんづくりゲーム」です。「うまい、やすい、はやい」牛丼づくりの現場がゲームになりました。

■吉野家特製おたまは本物と同じビッグサイズ

アルバイトの経験でもない限り、大人も知らない牛丼屋さんのキッチン。そこにある大きな四角い鍋や、おたま、しゃもじなどをリアルに再現し、それを使って伝票通りの牛丼を作る、というのがこのゲームのミッションです。

『幼稚園』の付録なので、食材も道具も、おたまの先端部分以外はすべて紙製です。これらを組み立てるのですが、まずおたまの大きさにびっくり。実はこれ吉野家特製のおたまと同じサイズで、柄の長さはなんと46センチ。すくう部分の直径は12センチです。

そのほかに作るのは、並盛と大盛2種類の牛肉とごはん、有田焼のどんぶり、しゃもじ。たまごの器やみそ汁のおわんもあります。切り取るだけの紅しょうがやたまご、伝票なども含めて、出来上がるとかなりの数のリアルなアイテムが勢揃い。これを見ただけで、なんだかテンションが上がってきます!

■アタマの大盛?オーダーの内容はかなりハイレベル

部品が全部完成したら、さっそくゲーム開始! まず伝票を裏返して、お客さんが1枚選びます。

伝票は7種類。牛丼単品のオーダーだけではありません。卵やみそ汁などのサイドオーダーがあったり、「アタマの大盛」なんていう不思議な名前(その意味は確認用カードでチェック!)の注文だったり。

注文内容を確認したら、ごはんをよそい、お鍋からおたまを使って牛肉をすくって丼に乗せます。サイドオーダーがあればそれもつけて、できるだけ早くお客さんのところへ…。

さて、『幼稚園』モデルのゆうせいくんとはるかちゃん、ちゃんと注文通りに作れたかな?

■牛丼づくりの秘密は本誌「ぎゅうどんやさんのおしごと」で

『幼稚園』1月号本誌の特集は、「ぎゅうどんやさんのおしごと」。

吉野家の牛丼がどんなふうに作られるのか、牛肉をもりつけるときのスゴ技や、特製おたまに空いている47個の穴の秘密なども含めて、牛丼づくりの舞台裏をたっぷりご紹介しています。

さらに「ぎゅうどんまめちしき」では、牛丼の歴史や、たれの味についてなど、みんなが知らないいろんな情報を仕入れることができます。

家族みんなでゲームを楽しんだら、特集を読んで「牛丼通」になりましょう!

 

『幼稚園』2020年1月号の情報はこちら

付録は「ぎゅうどん づくりゲーム」園児の知育学習雑誌『幼稚園』 1月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2020年1月号 2019年11月29日発売 特別価格 990円(税込) 2...

 

【関連記事】

ピノの箱がガチャマシンに変身!とってもかわいい「ピノガチャ」でフレーバーを選ぼう。
『幼稚園』2019年12月号の企業コラボ付録は、「ピノガチャ」です!  ガチャが企業コラボ付録に登場するのは3度目。今回は、子どもも大...
気分はガリバー。世界一高い塔「東京スカイツリー®」で星の輪投げを楽しもう!
子どもはもちろん、大人もいっしょに楽しめる! アイデアいっぱいの企業コラボ付録が大人気の、小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』。2019年1...
日産フェアレディZがやってきた! 世界にひとつだけの「トミカ」を作ろう! 飾ろう!
カプセルトイに回転ずし、アイスクリーム自販機に銀行など、これまでさまざまなコラボふろくをお届けしてきた、小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』...

1月号 好評発売中

付録は
「ぎゅうどん づくりゲーム」

 
1月号

1月号好評発売中

付録は
「ぎゅうどん づくりゲーム」