ふくわらいや凧上げ。昔ながらのお正月遊びで、笑いがいっぱいのお正月を過ごそう!

凧あげ、羽根つき、カルタ取り。日本にはさまざまなお正月遊びがあります。

『幼稚園』2020年1月号では、昔ながらのお正月遊びをご紹介。イラストレーターのいぬんこさんが「ふくわらい」と「たこ」を作ってくれました!

■「ふくわらい」で、笑いが止まらない!

「ふくわらい」は、めかくしをして、目や鼻や口などのパーツを顔の上に置いていく遊びです。何度やっても全然違う、とてもおかしな顔が出来上がって、みんなで大笑いできます。

「笑う門には福来たる」。お正月にぴったりですね。

これが、いぬんこさん作の福笑い。このベースとパーツをダウンロードできます。印刷して遊んでください。

『幼稚園』1月号「おしょうがつ あそび」「福笑い」&「たこ」をダウンロードできます
『幼稚園』では、みなさんが楽しく毎日をすごせるように、おうちであそべるコンテンツを期間限定で無料公開いたします。 2020年1月号「おしょ...

■つるの頭がついた不思議な凧を上げてみよう

お正月の遊びの定番、凧上げ。晴れた元旦に外に出て、広いところを走り回って上げるのは本当にいい気持ちです。

いぬんこさんが作ったのは、鶴の頭がついていて富士山の形をした、鳥みたいな凧。干支のねずみもいて、ちょっと不思議だけど、なんだかとっても縁起がよさそうです。軽くてよく上がるので、どこでも遊べます。

自分で紙に絵を描いて、いぬんこさんの凧と同じように折って、オリジナルの凧を作ってもいいですね。お正月に世界に一つしかない自分の凧を上げてみてください!

いぬんこさんの凧のダウンロードはこちらから。鶴の頭は、福笑いのパーツのシートに入っています。凧の折り方は、『幼稚園』1月号の33ページで詳しく説明しています。

『幼稚園』1月号「おしょうがつ あそび」「福笑い」&「たこ」をダウンロードできます
『幼稚園』では、みなさんが楽しく毎日をすごせるように、おうちであそべるコンテンツを期間限定で無料公開いたします。 2020年1月号「おしょ...

■お正月遊びにこめられた意味とは

昔からあるお正月遊びには、いろいろな思いがこめられています。凧上げは子どもの元気な成長を、コマまわしは独り立ちを願う遊びです。そして、福笑いは招福、羽根つきには厄払いの意味があります。

『幼稚園』1月号でご紹介したもの以外にも、お正月遊びはたくさんあります。みんなで一緒に過ごすお正月に、古くから伝わる遊びについて調べてみたり、初めての遊びに挑戦したりするのも面白いですね。

みなさん、どうぞおだやかなよいお正月をお過ごしください。

 

 

『幼稚園』2020年1月号の情報はこちら

付録は「ぎゅうどん づくりゲーム」園児の知育学習雑誌『幼稚園』 1月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2020年1月号 2019年11月29日発売 特別価格 990円(税込) 2...

 

 

【関連記事】

『幼稚園』1月号「おしょうがつ あそび」「福笑い」&「たこ」をダウンロードできます
『幼稚園』では、みなさんが楽しく毎日をすごせるように、おうちであそべるコンテンツを期間限定で無料公開いたします。 2020年1月号「おしょ...
「並盛おまたせしました!」 特大サイズのおたまで牛丼作りゲームに挑戦!
次は何が出てくるのかな?と毎月楽しみな『幼稚園』企業コラボ付録。2020年1月号は、吉野家とコラボした「ぎゅうどんづくりゲーム」です。「...
紙の上で不思議な生きものがゆらゆらコロコロ。「ぺぱぷんたす」は「みずころがしがみ」
『幼稚園』2020年1月号の最初のページについているのは、まっ白のつるつるした紙。端っこには黒い丸がたくさん並んでいます。紙の名前は「み...

 

5月号 好評発売中

付録は「こうしゅうでんわ」

 
5月号

5月号好評発売中

付録は「こうしゅうでんわ」