忍者の学校に体験入学!? くりはらたかしさんのちょっと不思議な動く紙の世界で遊ぶ。

小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』で連載中の 「おあそびえほん」。2018年11月号のページを開くと、なんともかわいい忍者たちが、忍法の勉強中です。

ここは、「かみにんじゃがっこう」。読者のみなさんも、紙を切ったり、折ったり、貼ったりして、忍法が体験できます!

こんな楽しい紙遊びを考えてくれたのは、漫画家、イラストレーター、アニメーターとして活躍するくりはらたかしさん

1枚の紙にほんの少し工夫を加えることで、いろいろな形や、動きが生まれてきます。ちょっと不思議で創造性に満ちたくりはらワールドで、自由に遊んでください。

■5つの基本の忍法を、紙工作で再現!

小さな忍者たちが学んでいるのは、「がまの じゅつ」「しゅりけん なげ」「かくれみの じゅつ」「みずぐもの じゅつ」そして、「ぶんしんの じゅつ」。どの忍法も、「かみにんじゃがっこう」のページを切り取った紙で工作すると、みなさんも使えるようになります。

作り方はどれもかんたん。切り取って、山折り谷折りしたり、ちょっとのりで貼ったりするだけです。編集部でも作ってみたので、いくつかご覧ください。

「にんぽう その一 がまのじゅつ」

ガマの背中に乗って、相手を驚かせる忍法です。ガマから赤い舌がべろーん。

「にんぽう その二 しゅりけんなげ」

忍者といえば、手裏剣。鉄でできた小さい刀です。投げたら、切り株に、こんっ!

「にんぽう その五 ぶんしんのじゅつ」

1人だけだと思っていたら、同じ忍者がずら〜っと。どれが本物?

 

どれもシンプルな工作ですが、動かしてみると二次元の絵で見る時とは全く違う、新しい世界が広がります。自由に、いろんな動きを考えてみてくださいね!

 

 

ところで、くりはらたかしさんによると、忍者の学校の場所は秘密なんだそうです。知りたければ、「まちで にんじゃを みつけたら きいてみてね」と。

忍者にはなかなか会えないらしいですが、「かみにんじゃがっこう」で遊んだあと町に出たら、みなさん、きっと忍者を探してしまうと思いますよ。見つかるかな?

(ライター/ いしださなえ)

『幼稚園』2018年11月号の情報はこちら

付録は「どっかん!!ピザづくりパズル」園児の知育学習雑誌『幼稚園』11月号
  園児の知育学習雑誌 幼稚園 2018年11月号 2018年10月1日発売 特別価格980円(税込) ...

 

【関連記事】

色を感じる、色と遊ぶ。 ひがしちかさんと創りあげるキャンバスへようこそ。
上の絵をご覧ください。これは一体、何でしょう?「抽象画?」「何かの模様?」「子どもの落書きかな?」…いえいえ、これは小学館の幼児向け月刊...
「まる、さんかく、しかく」で感性ひろがる! 塗って、切って、ならべる形の七変化
お子さんが大好きな積み木の形、まる、さんかく、しかく。この3つの形で、いままでにない絵本の楽しみ方を発見しました! 小学館の園児向け月...
物語のキャラクターを、作って動かそう。切り絵ならではの、空間を楽しむ遊び。
物語のなかに、お子さんが作ったキャラクターが出てくる⁉ 小学館の幼児向け雑誌『幼稚園』2018年8月号の「おあそびえほん」に、かつてない...

12月号 好評発売中

付録は
「VR(びっくり)おえかき」