紙をひっぱるとのびる! 水中でもかける!『ぺぱぷんたす』で世にも奇妙な初体験

「今月はどんな紙が入ってるのかな?」と毎月心待ちにしてくれているお子さんも多い、不思議で楽しい紙遊び『ぺぱぷんたす』。小学館の幼児向け月刊誌『幼稚園』2019年1月号では「のびるかみ」の登場です。紙がのびるなんて聞いたことがないですよね。一体どんな風になるのかな? 今月も紙の神様、ソビー&ワッキーとこうぞうくんといっしょに楽しんでいきましょう!

■「のびるかみ」の正体は、身近にあるアレ!

使うのは、1月号本誌巻頭にあるこの紙。見た目はごく普通の紙と変わりませんが、正式には「ストーンペーパー」といってその名の通り「石」で作られた、ちょっと特殊な紙です。

 

その特長は「引っぱりに強い」「水にぬれても変質しにくい」「水中でも鉛筆でかくことができる」などなど。そんなストーンペーパーで、さっそく遊んでみましょう!

■「のびるかみ」で『幼稚園』にフリルがつく!?

まずは「のびるかみ」を本誌から切り取らずに、紙を下に向けてゆっくりと引っぱってみましょう。すると、紙なのにゴムのような不思議な手ごたえを感じるはずです。思いきり引っぱると切れてしまうので、力をゆっくり入れるのがコツですよ。

のびる紙の下の部分をのばしていくと、紙が本の表紙からはみだして、まるでスカートのフリルのように。おしゃれな『幼稚園』の完成です。

■緑と白の紙を活かしてサラダづくりも!

「のびるかみ」の性質を利用して「しゃぶしゃぶサラダ」を作ってみました。緑色の部分をちぎってのばせば、まるでレタス!白い部分は茶色く塗ってお肉に変身。ふにゃふにゃの紙は立体感が生まれて、紙とは思えないほどです。

■水をはじく!水中でかける!

「のびるかみ」の大きな特長は「水をはじく」「水中でかける」ということ。一般的な紙を水でぬらすと破れてしまうし、当然、何かをかくこともできないですよね。でも「のびるかみ」に水をたらして、鉛筆でかくと…? 紙の神様、ソビーもびっくりの動画をこちらからご覧ください。

こうぞうくんが、水の存在を忘れているかのようにサラサラとかいていたのがおわかりでしょうか。水に強いストーンペーパーは、水場の仕事やアウトドアなどのシーンで大活躍するんですよ。

 

環境にやさしくて便利な紙、ストーンペーパーの楽しい遊びをぜひお子さんと体験してみてください。遊びながら、「紙って種類によって、できることがいろいろあるんだね」と、お話してみてるのもいいですね。

(ライター/菅原裕佳子)

『幼稚園』2019年1月号の情報はこちら

付録は「ぐるぐる!おかしすくい」園児の知育学習雑誌『幼稚園』1月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年1月号 2018年11月29日発売 特別価格980円(税込) ...

 

【関連記事】

取り放題のパラダイス! 明治とのコラボ付録「ぐるぐる! おかしすくい」
「アポロチョコ」に「チョコベビー」、「ヨーグレット」に「ハイレモン」…。ぐるぐる回るケースのなかには、みんなが大好きなお菓子が山盛り! ...
折って、切って、描いたらできた!大塚いちおさんと作る、自分だけの「まめほん」
小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年1月号の 「おあそびえほん」は、「おる・きる・えがく。ぼくの・わたしの まめほん」。 イラス...
絵が飛び出す!?「ぺぱぷんたす」と『おはスタ』共同開発の12月号付録「VR(びっくり)おえかき」
毎号、SNSで話題騒然! 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』。2018年12月号の付録は、なんと!『幼稚園』の楽しい紙遊び企画「ぺぱぷんた...

 

4月号 好評発売中

付録は
「びょんびょんらーめん」
「ドラえもん パラシュート」

 
4月号

4月号好評発売中

付録は
「びょんびょんらーめん」
「ドラえもん パラシュート」