切って、めくって、楽しく遊ぶ。平澤一平さんのおあそびえほん「なにがおちてくるかな?」

りんごの木の下で、「あーん」と大きな口をあけているワニ。そこに、りんごがポトポト。

こんな楽しい絵で始まる『幼稚園』9月号の「おあそびえほん」は、平澤一平さんの「なにがおちてくるかな?」です。

木からは、いろいろなものが落ちてきます。くだものや、木の実、そしてお菓子も?! 下では、いろんな生きものが、落ちてくるものを待ちかまえています。

全部のページの絵を楽しんだら、こんどは、ページの真ん中をハサミで切ってみましょう。

そして、ページの上半分、あるいは下半分をめくってみると…

落ちてくるものと、木の下の生きものの組み合わせが変わって、ゆかいなことや、もしかすると大変なことがおきるかも!?

平澤一平さんは、「みんなも おちてくる ものを かんがえてみてね」と言っています。平澤さんの絵でいろんな組み合わせを楽しんだら、次は何が落ちてきたらおもしろいか、いろいろ考えてみてください。

そして、いいものを思いついたらぜひ絵を描いて、「おあそびえほん」のページにはさんで、遊んでくださいね!

(ライター/いしださなえ)

 

『幼稚園』2019年9月号の情報はこちら

付録は「セブン銀行ATM」園児の知育学習雑誌『幼稚園』9月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年9月号 2019年8月1日発売 特別価格 1080円(税込) 20...

 

【関連記事】

この花びらは目?口?耳?くらもちあすかさんの不思議で楽しい「おはなでふくわらい」
『幼稚園』2019年8月号の「おあそびえほん」は、くらもちあすかさんの「おはなでふくわらい」。 ページを開くと、ちょっとびっくりしたよ...
迷路やあみだくじで遊びながら、ひらがなを覚えよう! いぬんこさんのレトロワールド
「うちの子、まだひらがなが読めなくて…」というおうちの方へ。お子さんが絵本の遊びを楽しみながら、ひらがなとふれあってみてはいかがでしょう...
絵本を折って切ってもいいの? 山口洋祐さんの美しい色彩から生まれる意外な工作
遠い南の海に、不思議な模様の島が浮かんでいます。その島の森には、さるが暮らしているのだそうです。 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』20...
雪の結晶や花。自然の中の規則的に並んだデザインを、おうちにあるもので作ってみよう!
えっ、と思わず目を引かれる放射状の美しいデザイン。よく見ると、規則正しく並んでいるのは洗濯バサミです。 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園...

9月号 好評発売中

付録は
「セブン銀行ATM」

 
9月号

9月号好評発売中

付録は
「セブン銀行ATM」