野菜好きになる魔法のレシピ「ミニトマトのシャーベット」【別冊「café BB」7月号】

子どもが野菜好きになる「魔法のレシピ」をスズキエミさんが伝授!

お子さんの野菜嫌いに悩むあなたへ。レシピとヒントを毎月お届けします!

栄養たっぷりの野菜を食べてほしい! そう思うのに、1~3歳頃は、子どもの“野菜嫌い”に悩まされる時期。そこで『ベビーブック』では、別冊付録の表紙で、料理家・スズキエミさんの「野菜の料理」を1年間連載しています。

 

表紙のレシピ【ミニトマトのシャーベット

 

ミニトマトを湯むきして凍らせ、コロンとかわいいデザートに。

レモンシュガーのスッキリとした甘さが、暑い夏にぴったり!

果肉がシャリシャリとした食感になり、種は気になりません。

『ベビーブック』2019年7月号・別冊表紙掲載

◆材料(2人分)

ミニトマト 200g

砂糖 40g

レモン汁 1/2個分

 

◆作り方

【1】ミニトマトはへたを取り、へた側とへたの反対側に、包丁の刃先で小さく切れ目を入れる(Point1参照)。

【2】鍋に湯を沸かし、1をすべて入れる。皮がむけてきたら、すぐに網じゃくしなどですくって氷水に取り、皮をむく(Point2参照)。

【3】バットに2を並べ、全体に砂糖を振り、レモン汁をかけ、1時間ほど常温に置いて砂糖を溶かす。砂糖がほぼ溶けたら、冷凍庫で半日以上冷やす。子どもにはミニトマトを半分~1/4に切って器に盛る。

 

*普通のトマトで作る場合は、湯むきしたあと、砂糖とレモン汁といっしょにミキサーにかけてジュース状にし、密閉容器などに入れて冷凍します。3時間くらいして、半凍りになったら、フォークなどで混ぜ合わせて空気を入れます。これを2、3回くり返すとなめらかなシャーベットに。砂糖の分量は、ミニトマトより多めに(50~60g)入れると甘みと酸味のバランスがよいです。

 

◆Point1

包丁で切れ目を入れておくと、湯むきしやすくなります。あればペティナイフなどの尖った刃先で、皮に傷をつけるようにプスッと刺すだけでOK。深く刺さないように気をつけて。

◆Point2

熱湯に入れると数秒で皮に亀裂が入るので、すぐにすくい上げ、氷水にさらします。長くゆでると実が崩れてしまうので、手早く! 

                                                      

今月のテーマ「トマト」を子どもと楽しむために

 

(左)トマトと豆腐の卵炒めのっけ丼 (右)ミニトマト入りおでん

https://www.instagram.com/suzukiemi.gohan/

トマトは皮を取り除くだけで、口当たりがよくなる

太陽の光を浴びて真っ赤に熟し、甘くなるトマト。そう、夏はトマトの季節! 

「子どもは酸っぱいトマトが苦手なので、へたの近くまで赤く熟した夏のトマトは甘くて食べやすいですね。青い部分があったら、すぐに冷蔵庫へは入れないで、日の当たる窓際に置いて追熟させると甘くなります」

トマトの“皮”や“種”の食感が嫌いな子もいますね。

「皮は消化がよくないし、小さい子はのどに貼り付いてしまうこともあるので、湯むきしてあげるのがおすすめです。シャーベットはトマトでも作れますが、今回は形のかわいいミニトマトで作ってみました。数は多くなりますが、1個ずつ湯むきする必要はなく、湯に一度に入れて皮がむけるので簡単ですよ。凍らせると、種も気にならずにいっしょに食べられます」

 

湯むきトマトは豚汁やおでん、炊き込みご飯にも!

トマトというと、サラダやマリネにしがちですが、ほかにはどんな使い方があるのでしょう?

「みそ汁やスープ、炒め物や煮物、何でも合います。わが家では夏の豚汁はトマト入り。冬のおでんにもミニトマトを入れます。『湯むきトマトの煮浸し』もよく作るメニューで、夏は冷やしていただきます。ふわふわの卵、豆腐、トマトを塩味で炒めてのせた丼も人気です。あとは、カレーや炊き込みご飯に入れることも。普段のおかずがさっぱり味になるので、試してみてくださいね」

 

教えてくれたのは

 

スズキエミさん

料理家。料理教室「暦ごはんの会」主宰。宮城県の米どころの農家に生まれ育つ。素材の持ち味を生かした、季節を感じられるレシピが人気。小学生の男の子のお母さん。

 

撮影/砂原 文 スタイリスト/黒木優子 構成・文/水口麻子

 

 

11月号 好評発売中

知育ふろく
「アンパンマン ピクニックはめえ」

 
11月号

11月号好評発売中

知育ふろく
「アンパンマン ピクニックはめえ」