おばけのおなかの中をのぞいてみよう!2月号の「ぺぱぷんたす」は「なに たべたの?」

なるくんと、かみのかみさまソビーとワッキーが持っているのは、ちょっとおなかがふくらんだおばけがたくさん描いてある紙。

『幼稚園』2020年2月号の「ぺぱぷんたす」は、「なに たべたの?」。この紙にあることをすると、おばけが食べたものがわかるんです。

■おばけのおなかの中が丸見えに!

なるくんが何かやっています。まずは、ちょっと見てみましょう。

ソビーが「おはな〜!」と叫んでいます。おばけのおなかには、お花が入っていたんですね。もうちょっと近くに寄って見てみると…。

そう、おばけのお腹を指でこすったり、おさえたりして温めると、食べたものが浮き出してきます。温度が下がれば、また真っ黒になって見えなくなります。

おばけの絵が描いてあるのは、温度によってインクの色が変わる感温印刷という方法で作られた紙。指でお腹を温めるだけでなく、息を吹きかけたり、裏側から温めてみたり、いろいろな方法でお腹の中の絵を見つけてください。

おばけは、それぞれ違うものを食べたみたいですよ!

■食べたものがわかったら、おばけたちと遊んでみよう

お腹の中を一度チェックしたら、今度は真っ黒に戻ったおばけが食べたものを、当てっこしてもいいですね。どのおばけが何を食べたか、全部覚えていられたかな?

この楽しい絵を描いてくれたのは、イラストレーターの中山信一さん。

おばけたちは、好きな食べ物だけでなく、顔も体型もちょっとずつ違います。そして、よくみてみると、カーテンがかかった窓のところでゆらゆら。空には三日月が出ています。

この絵からいろんなことを想像して、おばけたちのストーリーを考えたらおもしろそうです! みなさんオリジナルのお話を、ぜひ#ぺぱぷんたすのハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿してください。『幼稚園』アカウントでご紹介します。

 

『幼稚園』2020年2月号の情報はこちら

付録は「メダルおとしゲーム」園児の知育学習雑誌『幼稚園』2月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2020年2月号 2019年12月26日発売 特別価格 1100円(税込) ...

 

【関連記事】

紙の上で不思議な生きものがゆらゆらコロコロ。「ぺぱぷんたす」は「みずころがしがみ」
『幼稚園』2020年1月号の最初のページについているのは、まっ白のつるつるした紙。端っこには黒い丸がたくさん並んでいます。紙の名前は「み...
水と筆だけで自由にお絵かき! 12月の「ぺぱぷんたす」は「みずで かける かみ」
『幼稚園』12月号のふろくの袋に入っているきれいなピンクの紙。なるくんと、かみのかみさまソビーとワッキーが、この紙に絵を描いて遊んでます...
暗闇にガイコツあらわる! その正体は?紙のひみつで遊ぶ、「ぺぱぷんたす」
暗がりのなかで、怪しく光るガイコツ。これは一体…? 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年11月号の「ぺぱぷんたす」でご紹介するの...
かみが すきなこ あつまれー! 紙の神様、ソビーとワッキーと遊ぶ『ぺぱぷんたす』
4歳から100歳まで楽しめる体験&体感ブック『ぺぱぷんたす』は、ブックデザイナーの祖父江慎さんをはじめ、たくさんの絵本作家やアーティスト...

2月号 好評発売中

付録は
「メダルおとしゲーム」

 
2月号

2月号好評発売中

付録は
「メダルおとしゲーム」