どんぐりで作ろう! お人形に楽器、貼り絵もかんたん! 親子いっしょに楽しむ、秋の工作

秋になると思い出す遊びといえば「どんぐり拾い」という方も多いのではないでしょうか。小学館の知育雑誌『ベビーブック』では、どんぐりを使った工作をご紹介しています。お子さんといっしょに公園でどんぐりを拾ってきたら、親子で作ってみませんか。

■お人形、楽器、貼り絵…どんぐりで「芸術の秋」を楽しむ

上の写真は、どんぐりのお人形です。たった1個のどんぐりで作れるので、「たくさん拾えなかった…」という日でも楽しめますよ。シールや水性マーカーなどで、どんぐりに自由に顔を描くだけで、あっという間にできあがり!モールや画用紙で手足をつけると、コミカルな印象に。

大きめの落ち葉や切った画用紙の上に、どんぐりや小さめの落ち葉などを貼る“見立て遊び”。写真のようにユニークな顔や、車や花なども自由な発想で作ることができます。種類の違う落ち葉を拾うのもポイントですね。

どんぐりをたくさん拾えたら、挑戦してほしいのがマラカス作りです。ペットボトルのなかにどんぐりを入れるだけで完成! さらにマスキングテープや荷造り用のテープなどで飾りつけをすれば、ぐっと華やかになりますよ。できあがったらぜひ音楽に合わせて鳴らしてみてくださいね。

※どんぐりの中に虫がいることがあるので、熱湯で10分未満を目安に茹で、よく乾燥させてから使いましょう。

■「自分でやってみる」気持ちを育てる

テープや落ち葉をのりで貼ったり、マーカーで模様を描いたり、どんぐりをボトルに詰めたり…。初めてのことがいっぱいのこの時期だからこそ、おうちの方はお子さんの「やりたい!」という気持ちを大切に、どんどん挑戦させてあげてください。

また、「上手に貼れたね!」「このお顔はパパにそっくりだね~」とほめてあげることが、自信にもつながります。

 

本誌ではそのほかにも「ケーキ屋さんごっこ」などをご紹介しています。自然のものに親しみながら、親子でいっしょに季節を感じ、楽しんでくださいね。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『ベビーブック』2018年11月号情報はこちらから

完成品ふろく「アンパンマン&ばいきんまん両面パペット」『ベビーブック』11月号
小学館の知育雑誌 ベビーブック 1・2・3歳 2018年11月号 2018年10月1日発売   特大号740円(税込...

 

【関連記事】

11月号の「GO! GO! ママ部」は、秋の子連れ"楽"旅行、オススメ宿と必携アイテム
『ベビーブック』別冊「Café BB」で連載中の「GO! GO! ママ部」。毎月編集者ママたちが、リアルなトークでさまざまな育児のアイデ...
ドラえもんといっしょに覚えよう! 知育ページ「おうちのなか そと これなあに?」
1歳から3歳のベビーブック世代は、言葉が爆発的に増える時期。「きょうも新しい言葉が言えた!」という日は、ママもパパもうれしくてたまりませ...

 

11月号 好評発売中

完成品ふろく
「アンパンマン&ばいきんまん
両面パペット」