ドラえもんといっしょに覚えよう! 知育ページ「おうちのなか そと これなあに?」

1歳から3歳のベビーブック世代は、言葉が爆発的に増える時期。「きょうも新しい言葉が言えた!」という日は、ママもパパもうれしくてたまりませんよね。

そこでここでは、小学館の知育雑誌『ベビーブック』2018年10月号の「おうちのなか そと これなあに?」のページをご紹介します。ドラえもんや仲間たちが登場するので、楽しみながら言葉を自然に増やしていける企画です。

■知っている言葉で「自信」、新しく知った言葉で「発見」の喜びを体感!

身近にあるモノの名前、どのぐらい知っているかな?「ねこ」「ひこうき」「はな」などを指して「これなあに?」と聞いてみましょう。名前を言えたら、「正解!そうだね」と思いきりほめて自信をつけてあげてください。

「じどうはんばいき」「ポスト」などは、まだ知らないお子さんもいるかもしれませんね。そんなときは「これはポストっていうんだよ。お手紙をここに入れると、郵便屋さんが届けてくれるの」と教えてあげましょう。「最初に“ポ”がつくよ」などとヒントをあげてもいいですね。

「まだ知らない言葉」を知ることは、お子さんにとって発見や好奇心の第一歩。言葉のシャワーをたっぷり浴びせてあげることで、知る喜びを体験し、言葉への興味がどんどんわいてくるのです。

家の「外」から「中」へ!しかけも楽しめる

10月号『ベビーブック』では、ページの「しかけ」を楽しめるのもポイントです。家の「外」のページを開くと、家の「中」が断面図のように描かれていますよ。

お子さんはいくつモノの名前を言えるでしょうか。お子さんが「これなあに?」と聞いてきたら、「げんかんだよ」「ベランダだよ」とはっきりした発音で教えてあげましょう。

また、毎日のなかで「玄関で靴をはこうね」「洗濯物を干すからベランダにいくよ」などと、意識して会話に単語を取り入れるのもおすすめですよ。

 

お子さんの「これなあに?」の気持ちは、成長の証。日々の好奇心をあたたかく受け止めてあげてくださいね。

©︎藤子プロ・小学館

『ベビーブック』2018年10月号情報はこちらから

【関連記事】

『ベビーブック』&『めばえ』#表紙にのろう! フォトコンテスト大募集!
みなさまにご愛読いただきまして、『ベビーブック』は50周年、『めばえ』は60周年を迎えることができました。これからも読者の皆さまと一緒にHA...
わが子はイヤイヤ期真っ最中!そんなママパパの心を軽くする「Café BB」9月号特集
家で、公園で、スーパーマーケットで、イヤイヤを繰り返す2歳児たち。そんなわが子のイヤイヤ期と格闘するママパパたちの心をスッと軽くしてくれるの...

 

 

10月号 好評発売中

超豪華ふろく
「アンパンマン ブロックセット」