『鬼ばばの島』

試し読みはこちら
購入するボタン

すべてをすてても、やさしさはすてられない

【あらすじ】

青海原の小さな島に、大きな鬼ばばが一人くらしていた。
「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」と言いながらも、島に流れ着くあれやこれやをついつい拾って世話してしまう……。
第1章 やっかいなもん、ひろうてしもた
第2章 とんでもないもん、ひろうてしもた
第3章 なさけないもん、ひろうてしもた
第4章 うっとうしいもん、ひろうてしもた
あるがままに生きるおそろしい鬼ばばの、愛情深い4つの物語。

ISBN:9784092893153

今井恭子/文、阿部結/絵

定価:1430円(税込)9月16日発売 A5判98ページ

【作者プロフィール】

今井恭子(いまい・きょうこ)

広島県生まれ。児童文学作家。日本文藝家協会会員、日本児童文学者協会会員。本作の第1話「やっかいなもん、ひろうてしもた」は「鬼ばばの繰り言」のタイトルで、毎日新聞社主催第10回《小さな童話大賞》落合恵子賞を受賞。『歩きだす夏』(学研)で、第12回小川未明文学賞大賞受賞。『こんぴら狗』(くもん出版)で、第58回日本児童文学者協会賞、第65回産経児童出版文化賞産経新聞社賞、第67回小学館児童出版文化賞受賞。そのほかの作品に、『ぼくのわがまま宣言!』(PHP研究所)、『丸天井の下の「ワーオ!」』『縄文の狼』(くもん出版)、「キダマッチ先生!」シリーズ(BL出版)、『ギフト、ぼくの場合』(小学館)などがある。

阿部結(あべ・ゆい)

宮城県生まれ。中学校で美術教師を務めていた画家の父の影響を受け、幼少のころから絵に親しんで育つ。パレットクラブスクール、あとさき塾にてイラストレーションと絵本制作を学び、書籍装画や演劇の宣伝美術などを数多く手掛ける。絵本の作品に『あいたいな』(ひだまり舎)、『ねたふりゆうちゃん』(白泉社)、『おやつどろぼう』(福音館書店)、イラストレーションの仕事に、『世界不思議地図』(佐藤健寿/著、朝日新聞出版)などがある。

 

絵童話『鬼ばばの島』今井恭子さんインタビュー 

「鬼ばば」というと、こわくておそろしいというイメージを持つ人も多いと思います。

この『鬼ばばの島』は、見開きごとに挿絵がたっぷりと入った「児童書」ですが、なんとも人間くさい心をもつ鬼ばばが主人公で、大人の、もっと言うなら母親の本音を描いたような作品です。

著者の今井恭子さんに、この物語の誕生の秘密について伺いました。

今井恭子さんと愛犬のエレン

こんな風に生きられたらいいだろうな、という無意識の憧れが鬼ばばに凝縮した

Q.「大海原に浮かぶ小さな島に一人ですんでいる鬼ばば」という設定は、少し恐ろしくもあり、一方で憧れに近いものも感じます。

この物語が最初に生まれたときのことや、当時の想いを教えてください。

A.「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」――鬼ばばの口癖です。

愛する者、気づかう相手がいることは、ある意味とてもやっかいなことなのです。一人ぼっちの寂しさは、気楽で気まま、自由な生き方の裏返しです。

鬼ばばはお父(とう)は食ってしまい、息子は南の海へ投げ飛ばし、小さな島にしがみついて海を相手に一人生きています。かまわんとならんもんが、おらんのはええ、です。でも、ついつい拾ったものを世話しては、気持ちも生活もかき乱され、自らに嫌気がさしてしまうのです。

第一話を書いた頃、私は子育て中でした。持病もあれば体力もない私にとって、共稼ぎと育児は重労働でした。いつもくたびれていました。こんな風に生きられたらいいだろうな、という無意識の憧れが鬼ばばに凝縮した、と今になって思います。

おばばの生き方は、今風に言えば「断捨離」の極致です。私はいまだに断捨離さえかないません。文章なんかに執着しているのが、何よりの証拠です。

この作品は大人、特に高齢の女性に共感してもらえると思っていますが、子どもの読者がどうとらえるのか。興味深いと共に、その反応が想像できず、戦々恐々としています。

第1話の扉絵。“ひとりぼっちの寂しさは、自由な生き方の裏返し”

第一話は、1993年に毎日新聞社主催「小さな童話大賞」の落合恵子賞を受賞 

Q.『鬼ばばの繰り言』での受賞から28年、新しい章の加筆、また修正を経て、単行本として出版することになりました。今のお気持ちをお聞かせください。

A.『鬼ばばの島』は、四話の短編からできています。

その第一話は、1993年に毎日新聞社主催「小さな童話大賞」の落合恵子賞を受賞した『鬼ばばの繰り言』です。

当時から、この物語をいつか絵本にしたいと強く思ってきましたが、持ちこむたびにどの出版社からも断られるばかり。面白い! とは言ってくれるのですが、わが社では出せません、と。その間に第一話を書き直し、続編を三話書いて第四話で完結としました。あれから28年、この物語を出版してくださった小学館の蛮勇?! に心から感謝しています。今回断られたら、さすがに私ももう諦めようと思っていましたので、うれしいというより、ほっとしたというのが本音です。生きてて良かったー、であります。

熱い思いでこの本を作ってくださった編集者、イラストレーター、デザイナーさんたち、かかわってくださった全ての皆さんに、心からありがとう。

装画・挿絵の阿部結さんの本気度、熱意には並々ならぬものを実

Q.本作は、若手絵本作家・イラストレーターの阿部結さんとのタッグを組んでの絵物語となりました。阿部さんとのやり取りなど、印象に残ったことはありますか?

A. イラストを誰にお願いするかでは、編集者共々迷いました。

ちょっと冒険でしたが、若い才能に賭けることにして、阿部結さんにお願いすることにしました。大成功でした。阿部さんには本当にいろいろと細かいことをお願いし、その都度スピーディーに、丁寧に対応していただき感謝しています。本人から伺ったのですが、イラスト一本で立って行こうと決められてから、まだ時間が経っていないようでしたが、だからこその本気度、熱意には並々ならぬものを感じました。今後のご活躍が楽しみです。

心惹かれるページがいくつもあります!

Q.一番気に入っているページはどこですか?

A.一番気に入ったページと問われても、1ページを選ぶのは難しいです。

鬼ばばのイメージは、長年私が温めてきた図とほぼ同じに描いていただきましたので、鬼ばばのアップのイラストには心惹かれるページがいくつもあります。が、ここではあえておばばが小さく影で描かれた11ページのイラスト、と言いましょう。嵐に荒れる夜の海に踏みこんで、遭難している小舟をぐいぐい引いて島に帰る絵です。阿部さんの力強い筆致と構図に強く惹かれます。

拙文については、おばばがつかの間の安らぎを得た最後の1ページにしておきます。

力強い筆致に引き込まれる、阿部結さんの挿絵。鬼ばばの心のやわらかな部分にも触れる。

 

ーーー貴重なお話、ありがとうございました。

(聞き手・田中明子)

 

短い物語ながらも、さまざまな人間の業を描いた本作品。お子さんだけでなく、大人の方にも読んでいただきたい一冊です。

下記URLより、読者の皆様からのご感想をお待ちしております。

(抽選で図書カード500円を贈呈いたします)

http://e.sgkm.jp/289315

 

 

購入するボタン

 

注目の子ども向けの本

お知らせ

最新記事

  • 『おふとんさんとおはようのあさ』

    コンドウアキの「おふとんさん」シリーズ、待望の最新作! 【あらすじ】 やさしいぬくもりに包まれて、いつまでもいつまでも寝ていたい……。 本作は、おふとんさんの中で眠るのが大好きな、はあちゃん...

  • 『マラマンダー』

    【あらすじ】ホテルの忘れもの係の少年が伝説の謎を解く! 夏はにぎわう観光地、しかし、冬になると濃い霧に包まれ不思議なことが起こる海辺の町イアリー。魔物がすむという伝説のあるイアリーの海は通...

  • 『鬼ばばの島』

    試し読みはこちら すべてをすてても、やさしさはすてられない 【あらすじ】 青海原の小さな島に、大きな鬼ばばが一人くらしていた。 「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」と言いながらも...

  • 『くろねこのほんやさん』

    本が大好きなくろねこが本屋さんを始めたら、お店が大人気に! 【あらすじ】 本を読むのが何よりも大好きなくろねこがいました。 家族のねこたちは、ロボット作りや、コックさん、ダンサーや、音楽家など...

もっと見る

SNS

小学館の児童書

ぴっかぴかえほん

小学館キッズ