口に入れたとたん、スーッと消える不思議な食感。「ふわふわあわゼリー」で初めての夏。

蒸し暑さがつづく毎日。アイスやかき氷もいいけれど、ちょっと変わったクールデザートはいかがでしょうか? 小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』2019年8月号でご紹介するのは、「ふわふわあわゼリー」。ふわふわなゼリーって、一体どんなゼリーかな? 料理創作ユニットGOMAのおふたりといっしょに作ってみましょう。

■ひと口食べたら、スーッと溶けて消えていく

「ふわふわあわゼリー」が普通のゼリーと違うのは、文字通り「ふわふわの泡のようなゼリー」というところ。それはムースでもババロアでもない、独特な新食感。口に入れた瞬間、スーッと溶けて消えるなめらかさで、いくらでも食べられそうな気がしてしまいますよ。

今回はオレンジとぶどうのジュースで作りました。完成したゼリーの動画をこちらからご覧ください。

普通のゼリーにはない、もったりとしたプルプル感、おわかりいただけますか? 動画のようにできたら大成功!というわけです。

■ゼリーの基本は「かき混ぜる」ことから

子どもが大好きな「かき混ぜる作業」。これまでもさまざまなおやつメニューでご紹介してきましたね。

今回もゼリーのもとになる、あたためたジュースに粉ゼラチンを振り入れ、混ぜていきます。

ゼラチンを入れたゼリー液は、混ぜているうちに、とろみがついてきます。そんな液体の変化も楽しみながら、進めていきましょう。

■冷やしながら、ひたすらシャカシャカ泡立てる!

この「ふわふわあわゼリー」を作るうえでいちばんの肝になるのは、「ゼリー液を泡立て器で勢いよく泡立てること」です。空気を含むように、シャカシャカ、シャカシャカ…。泡が立ってきたら、ゼリー液のボールを氷入りのボールに乗せて、動画のように冷やしながら、さらにシャカシャカします。

こうすることで、きめの細かい、メレンゲのようなゼリーができていくのです。

できあがったら、ふわふわのゼリーを器に盛りつけて完成! このままでも、冷やしても、おいしくいただけますよ。

 

『幼稚園』編集部では、みなさんの作った「ふわふわあわゼリー」の写真をお待ちしています。ハッシュタグ#てあそびおやつ でインスタグラムにぜひ投稿してください。『幼稚園』アカウントでご紹介します。

(ライター/菅原裕佳子)

 

『幼稚園』2019年8月号の情報はこちら

付録は「ポケモン ぐるぐるしゃてき」園児の知育学習雑誌『幼稚園』8月号
園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年8月号 2019年7月1日発売 特別価格 990円(税込) 201...

 

 

【関連記事】

付録は「セブンティーン アイスじはんき」園児の知育学習雑誌『幼稚園』7月号

園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年7月号 2019年6月1日発売 特別価格 980円(税込) 企業コ…

付録は「やきにくリバーシ」園児の知育学習雑誌『幼稚園』6月号

園児の知育学習雑誌 幼稚園 2019年6月号 2019年4月30日発売 特別価格 980円(税込) 20…

超リアルなコラボ付録がふたたび登場。ガチャマシンで人気キャラをゲット!

昨年10月号でカプセルトイ付録が話題となり、発売後、あっという間に完売となった小学館の園児向け月刊誌『幼稚園』。「付録で遊びたかったのに!」…

 

8月号好評発売中

付録は
「ポケモン ぐるぐるしゃてき」

 

11月号 好評発売中

付録は「とうきょうスカイツリー 
ほし わなげ」

 
11月号

11月号好評発売中

付録は「とうきょうスカイツリー 
ほし わなげ」